祐真キキ 本名を名乗らない理由!殺陣は下手と言うより違和感!?

Pocket

世界中で大ヒットしたアメリカドラマの続編「HEROES Reborn(ヒーローズ・リボーン)」に出演されている祐真キキさん。

日本では知られていなかった祐真キキさんが、今、逆輸入女優として注目を集めています。

そこで今回は、祐真キキさんのプロフィールや本名、殺陣が下手?などをリサーチします!

 

祐真キキ プロフィール

祐真キキ(すけざねきき) 女優
1989年4月5日生まれ 27歳
京都府出身、ロサンゼルス在住
侍の家系に生まれ、両親、兄、妹がいる

幼い頃から目立ちたがり屋だったというキキさん。小学生の憧れ「天才てれびくん」に出演するのが夢だったとか。

中学ではアメリカに憧れ、高校ではアメリカ留学を目指すも、地元京都の高校に進学。

それでも夢は諦められず、アメリカの高校に1年間留学し、英語を学んだそうです。

帰国してからは、就職はせず、アルバイトをしながら海外での女優としての活動を夢見る一方、マザー・テレサへの憧れもあり、難民支援の道とどちらを選ぶか迷う日々だったとか。

しかし、ふと知り合ったアメリカ人から、アメリカでは女優をしながらボランティアをする人も多いと聞き、自分もそうなりたいと渡米。

2011年の夏にロサンゼルスに移住し、世界で活躍する日を目指す日々を送っているそうです。

 

祐真キキ 本名は?

世界中で大ヒットしたアメリカドラマ「HEROES(ヒーローズ)」の続編「HEROES Reborn(ヒーローズ・リボーン)」にミコ・オオトモ役で出演し、逆輸入女優として注目されている祐真キキさん。

「祐真」は「すけざね」と読むそうで、とても珍しい苗字ですが、全国に20人ほどいらっしゃるそうです。

読み方を知らないと「ゆうま」かな?と間違えそうですね。

その祐真キキさんですが、本名は祐真希依(すけざねきえ)さんというそうです。

外国人には「きえ」は発音しづらいらしく、芸名は「キキ」としたんだとか。

ちなみに祐真キキさんの叔父(父の弟)さんは、祐真朋樹さん。

「メンズノンノ」などのスタイリストとして活躍中ですが、

その他にも、妻夫木聡さんや中田英寿さんのCMでのスタイリストをされたり、写真家としても活躍されています。

 

祐真キキ 殺陣が下手!?

「HEROES Reborn(ヒーローズ・リボーン)」で祐真キキさんが演じるミコ・オオトモ役は、特殊能力を持っています。

それは、刀を抜いた途端、ゲームの世界に入り込むというもの。

「刀ガール」となった彼女は、文字通り刀を武器に相手を倒していくわけですが、殺陣シーンが多く、相当大変だったようです。

祐真キキさんは21歳から1年半、「アップスアカデミー」で演技を学びました。

ここは、ハリウッドでも活躍するプロデューサー・奈良橋陽子さんが東京に作った俳優養成機関。

ここで演技を勉強し、単身ロサンゼルスに渡ったそうです。

ロサンゼルスでは週1回の殺陣クラスに通い、今回の大役を射止めることができました。

しかし視聴者からは「殺陣が下手」という声も挙がっています。

日本独自の文化である殺陣をアメリカで修得したからでしょうか?

時代劇での殺陣に見慣れている日本人には違和感を持たれるのかもしれませんね。

けれど、まだまだ伸びしろがあると取れますから、今後の祐真キキさんの活躍に期待が持てます!

 

野望がステキ

皆さんの祐真キキさんの第一印象はどんな感じでしたか?

私は一瞬、後藤久美子さんを思い出しましたが、その目力の強さに驚きました。

そして、いろいろと彼女のことを調べてみると、その目の向こうに秘めたものが見えてきて、納得。

さすが、単身アメリカに渡り、本場で演技を磨こうと思うだけはあります。

彼女はこんなことも言っています。

女優になって、その知名度を使って世界の困っている人たちの状況とか環境問題とか、リアルな現実をたくさんの人に伝えられるようになれたらいいなっていうのが自分のゴールなんです。

同じことを藤原紀香さんが講演会で言っていました。

ダイレクトにボランティアに走るより、お二人が選んだ道が、より大きな効果を生む方法なのかもしれませんね。

もっともっと大きくなって、ぜひその夢を成し遂げてほしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ