菊池風磨の父ブログは息子愛があふれてる!慶應大学入学はジャニーさんのおかげ?

Pocket

7月から「時をかける少女」がドラマになって戻ってきます。

このドラマには菊池風磨さん(Sexy Zone)が出演することがわかり、話題となっているようです。

菊池さんが演じるのは主人公のクラスメイトで未来からやって来た研究者の深町翔平役です。

今からドラマが楽しみですね。

そこで今回は、菊池風磨さんの父のブログが話題になっている件や、大学と学部についてリサーチします!

 

菊池風磨 プロフィール

菊池風磨(きくちふうま) 歌手、俳優

1995年3月7日生まれ A型

東京都出身

ジャニーズ事務所所属

2008年4月27日、ジャニーズ事務所入り

 

菊池風磨 父のブログが話題に!?

菊池風磨さんのお父様はシンガーソングライター・菊池常利さんです。

菊池常利さんは、1989年、「LA―LA Deux」というフォークグループで活動を開始。

その後、J&Tという名前で、ジャニーズメンバーの曲を手掛けています。

有名なところでは、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の作詞。その他にもTOKIOや滝沢秀明さん、今井翼さんにも楽曲を提供しているそう。

また、J&Tのメンバーだった吉川正己さんがジャニーズ事務所のプロデューサーに抜擢されるなど、昔からジャニーズと縁があったようです。

そんな菊池常利さんですが、まめにブログを更新されていて、息子・風磨さんの写真がアップされていると話題になっています。

ジャニーズ事務所のタレントさんは、公式なもの以外はネットでの写真使用はすべてNGですから、これは父親と言えどタブーの領域。

しかし、以前から常利さんのブログには風磨さんらしき人物についての書き込みがたびたびあり、ファンの間では注目を集めていました。

そして2015年の3月のこと。

7日にめでたく20歳となった菊池風磨さんですが、8日の常利さんのブログには

「成人!…かぁ。

本人はまだ実感がないとのことだけど…俺もないかな(笑)」

と言うコメントと、「20」のローソクを立てたケーキの写真をアップ。

そして3月31日のブログには

「夜桜を缶ビール片手にひとり見つめる青年。

絵になってるなぁ」

と、顔こそ見えないものの、桜満開の中にたたずむ若い男性がひとり。

これまで常利さんのブログを見守ってきたファンの皆さんも今回の写真アップについては

「ついにやっちゃった」

「息子に迷惑かけるって気付かないのか」

など、呆れている模様。

今のところ事務所サイドからクレームは来ていないようですが、風磨さんの活動に支障がなければ…と心配しているファンは多いようですね。

でも、ここからは筆者の見解。

桜の中の風磨さんとおぼしき写真は、何だかとてもアーティスティック。

もしこれが風磨さん本人としても、ジャニーズの御法度の目的にふれるほどのものでもないような気がします。

万が一ご本人だとしたら、了解済みのはずでしょうし。

また、バースデーケーキの写真も、ネームプレートは映り込まないよう配慮しての写真です。

ジャニーズとはいえ、愛息子の20歳の誕生日は、とても感慨深いもののはず。

「おやじになる自信なんて全然なかった。
生れてきたお前がくれた。
ありがとな」

ファンならば、父のこんな気持ちを理解してほしいなと思ったりしなくもないですね。

 

菊池風磨 大学と学部は?

菊池風磨さんが超難関の慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で合格したと話題になりましたね。

慶大総合政策学部は菊池風磨さんが高校1年生からの第1志望だったそうで、

「政治、社会、心理学、音楽といろいろな勉強がしたい」

という菊池風磨さんの希望に最も合致した自由度の高い学部だそうです。

また、AO入試の際、ジャニー喜多川氏が「志願者評価」を書いたということでも話題になりました。

この「志願者評価」というのは、いわば推薦文。

2000字程度という指定があるそうで、天下のジャニーさんが直々にどんなことを書かれたのかとても興味がありますね。

現在は湘南藤沢キャンパスに通われているとのことで、通学時間がかかるようですが、

「仕事をセーブするつもりはない。
勉強と仕事を両立させる」

「卒業できないと意味がない。
4年間でいろいろなことをたくさん学び、コンサート作りなど芸能活動に生かしていきたい」

と語っています。

仕事と学業の両立は大変でしょうが、それを成し遂げた先輩たちもたくさんいます。

菊池風磨さんなりの意志を持って、埋もれることなく、芸能界で活躍してほしいものです。

とにもかくにも、楽しみなのは「時をかける少女」。どんな深町くんを菊池さんが演じてくれるのか楽しみです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ