中野裕太の現在は演技派俳優!虚言癖の噂はもう過去のことです

Pocket

「ニーチェを超えた天才」としてクイズ番組などで活躍されていた中野裕太さん。

しかし最近では見かけることが少なくなりましたね。

「虚言癖で芸能界を干された」と噂されていた中野裕太さんですが、徐々に復活の兆しを見せているようです。

そこで今回は、中野裕太さんの現在や「天才キャラ」はウソだったのかをリサーチします!

 

中野裕太 プロフィール

中野裕太(なかのゆうた)

1985年10月9日生まれ AB型

公文国際学園中等部・高等部卒業後、早稲田大学第一文学部に入学

高校時代にアメリカ合衆国、大学時代にイタリアのミラノ大学に留学していた

大学在学中にモデル事務所オフィス夏に所属

大学4年生の時にアルベール・カミュに出会い、役者を志す

「仮面ライダーキバ」で俳優デビュー

2009年にレプロエンタテインメントに移籍し、芸名を本名の「中野裕太」に改名

 

中野裕太の現在は?

中野裕太さんと言えば、早稲田大学卒の天才イケメンとして、京大卒の芸人、ロザン宇治原さんのライバルとして、ひと頃は扱われていましたね。

そんな中野裕太さんを最近テレビであまり見かけなくなりました。

噂では「芸能界を干された」という話もあるようですが、

現在の中野裕太さんは、バラエティ番組への出演から俳優活動へとシフトチェンジされているようです。

生田斗真さん主演の人気ドラマ「ウロボロス」では、重要キャラとしてヤクザを熱演。

それまでサブキャラなどで細々と演じている印象から一転。

更には自身初主演映画「もうしません」(自主制作)など、復活を予感させるような活躍をされています。

この夏のドラマでは、北川景子さん主演の「家売るオンナ」にゲスト出演されるようです。

今はやりのミニマリスト役だとか。何だかピッタリのような気がします。

秋には、映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」で台湾での映画出演にもチャレンジされているよう。

今後の中野裕太さんの活動に注目ですね。

 

中野裕太 天才キャラはウソなの!?

中野裕太さんがある理由から「芸能界を干された」という噂がささやかれていましたが、そのある理由というのが「虚言癖」ではないかと言われています。

中野裕太さんは当時、事務所の方針か自らかなのかは不明ですが「天才キャラ」を売りにしていました。

しかし、「自称天才」の数々のエピソードには、根拠や証拠のない発言が多かったことで「虚言癖」を疑われました。

現在は見ることが出来ませんが、2010年頃に掲載されていたwikipediaには「天才エピソード」として、数々のエピソードがありました。

その多くが「自称」しているもので、やはり根拠や証拠はないようです。

これでは「虚言癖」を疑われても仕方がないですね。

しかし、現在の中野さんは「天才キャラ」を封印し、自然体な俳優にイメージチェンジされています。

いろんなインタビューを見ても、中野さんの印象は上々。

そう考えると、今、いろんな役柄を淡々とそして楽しげにこなす中野さんが本当の中野裕太で、以前の天才キャラは虚像だったのかなと思えてきます。

30歳を過ぎ、仕事が楽しくてたまらないという中野さん。

きっとこれからいろんな俳優としての顔を私たちに見せてくれることでしょう。

なんだか渋くてダンディな俳優になりそうですね。

これからの活躍が楽しみです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ