横山裕が弟の結婚式で号泣した理由!本名も生い立ちも複雑すぎる

Pocket

テレビでは関西人らしく、明るくひょうきんな横山裕さん。

アイドルグループ関ジャニ∞のメンバーであり、バラエティ番組やドラマなどでも活躍中ですね。

しかしそんな明るい横山裕さんの家庭環境は実は複雑。

弟さんが二人いますが、これまでの険しい生い立ちを考えるとその結びつきの強さに感動します。

そこで今回は、横山裕さんが弟さんの結婚式でのエピソードや、ジャニーズで唯一の芸名である横山裕さんの本名についてリサーチします!

 

横山裕 プロフィール

横山裕(よこやまゆう)

1981年5月9日生まれ A型

大阪府大阪市出身

中学3年の時、母親が履歴書を勝手に送り書類審査を通過し、オーディションに合格

 

横山裕 弟の結婚式で号泣!!

テレビで見かける横山裕さんは関西人らしく明るくひょうきんですが、家庭環境がとても複雑なんです。

横山裕さんが3歳の時に、ご両親が離婚。

横山さんが4歳になると母親は再婚しますが、再婚相手から邪険に扱われ、横山さんは祖父母の元で育てられます。

その間に、母親と義父との間には2人の弟、勤さんと充さんが生まれます。

弟たちが誕生しても、義父の横山さんへの態度は変わらず、結局横山さんは一緒に住むことを許されませんでした。

しかし、横山さんが中2の夏。一緒に暮らしていた祖父の心臓の調子が悪くなり、世話をしきれないとの理由から母親のもとに帰されます。

が、義父の態度は相変わらずで、意味もなく棒で殴られる日々が続いたと言います。

そんな横山裕さんをいつもかばってくれていたのは母親でした。

そんな母親も、横山さんのジャニーズでの活動が軌道にのってくると、義父と離婚。

それからと言うもの、長男である横山さんが母と弟たちの面倒を見ることになりました。

しかし、育ててくれた祖父母も他界。

加えて、最愛の母親までもが急死してしまいます。

母親が倒れた日、横山裕さんはソロコンサートツアーの真っ只中でした。

公演を中止しても母親が悲しむと、当日の公演をこなした後母親のもとへ駆けつけたそうです。

横山裕さんに残った家族は弟たちだけとなりました。

父親は違えど、兄弟仲はとても良く、横山裕さんは弟たちを守らねば!と溺愛するようになったそうです。

そんな横山裕さんの弟さんが最近結婚。

結婚式で弟さんから感謝の手紙を披露された横山さんは、泣いてしまったと言います。

「弟が結婚して、僕の中でずっと弟のままで止まってたんですけど、結婚式を見たときに『あぁ、1人の男になってんだな』と思いました」

と感慨深げに語った横山裕さん。

兄として、父親代わりとして誇らしい思いをされたんでしょうね。

 

横山裕 本名は?

ジャニーズ事務所のタレントは基本的に本名です。

しかし1人だけ芸名で活動されている方がいます。

横山裕さんです。

横山裕さんの本名は「侯隆(きみたか)」と言います。

ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏に

「YOU!この漢字読めないよ!」

と言われ、ジャニー喜多川氏の口癖が「YOU(君)!」だったこともあって「裕」になったそうです。

しかも「裕」は横山裕さんが知らない間につけられていたそうで、本人が知ったのは後日見たテレビ番組のテロップだったとか。

また、母親の最初の離婚後はその時の母親の姓で、真島侯隆(ましまきみたか)でしたが、再婚したことで横山姓になります。

この時代にジャニーズ事務所に入ったので「横山裕」という芸名になったそうです。

現在は母親が離婚されているので真島姓に戻っていて、本当の本名は「真島侯隆」になるようです。

ややこしいですが、家庭環境が複雑だったので仕方がありませんね。

とは言え、テレビで活躍されている横山裕さんに複雑さは微塵も感じられません。

 

生い立ちの複雑さが横山裕を強くした

以前から、横山さんには何だかどこかに影がありそうな気がしていましたが、やはり抱えているものが複雑だったんですね。

4歳で母親とも引き離され、どれだけ寂しい少年時代を送ったんだろうと思うと胸が痛みます。

自分を邪魔者にし、暴力をふるい続けた父親の子にもかかわらず、そんな弟たちに愛情を注ぐ横山さん。

母親でさえ、一緒に暮らしてくれなかったことを恨んでもよさそうなものですが、そんな母親のことも弟たちのことも受け入れた横山さんは、きっと本当に辛い思いをしてきたのだと思います。

優しさと強さって、本当に一体なんですよね。

奇しくもその優しさと強さを身に着けてしまった横山さん。弟さんの幸せもですが、次は自分が真に温かい家庭を手に入れる番。

そんな日が早く訪れますように。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ