當山みれいのWiki風プロフィール!大阪出身ニューヨーク帰りの実力派

Pocket

小学2年生でダンスと歌を始め、中学ではアメリカでヒップホップやゴスペルを学び、15歳にして全米デビューをやってのけたという大阪出身の當山みれいさん。

読み方が難しいですが「とうやま」さんと読むそうです。

それにしても、何やら気になる経歴ですね。まさにシンデレラガールというか。

現在は、RADIO FISHとのコラボレーションでも話題となっていますが、まだ18歳の現役高校生というからその実力に驚きます。

そこで今回は、當山みれいさんのwiki風プロフィールやRADIO FISHとのコラボについてリサーチします!

 

當山みれい wiki風プロフィール

當山みれい(とうやまみれい) 歌手、ダンサー

1998年7月27日生まれ

大阪府出身

幼稚園の年長の頃、母親の勧めで清水翔太さんなどを輩出した大阪の名門ダンススクール「キャレス」に入り、小学2年生の時に歌を習い始める

その頃から歌手を目指しており、同じ頃親の影響でヒップホップを聞いていたことから「私のルーツはたぶんヒップホップ」と語る

中学2年生のときに単身渡米し、ニューヨークに1年間留学する

留学中、全米トップとも噂されるゴスペルチーム「Gospel for Teens」に所属し、リードシンガーをつとめるまでになる

2013年、シングル「TATTOO」で全米デビュー

2014年には「Fallin’ Out/I Wanna NO feat. SHUN」で日本デビュー

2016年7月27日、ファーストフルアルバム「My Way」をリリース

 

當山みれい 大阪出身ニューヨーク帰りの実力がすごい

過去には小学5年生の時にハモネプにも出演している當山みれいさん。

小2から歌を習っているだけあって、もちろんリードボーカルです。

初めて中1でアメリカに行き、数回のショートステイを経て、中2の夏から1年間、ニューヨークに留学されました。

我が家にも中2の息子がいますが、そんな勇気はほとんどの中2の子供にはないような気がします。

送る親の方としてもかなりの勇気がいりますが、そんな未知の世界へ飛び込んだ當山みれいさん。

当時は、お団子ヘアにキリリとしたアイラインで、まさに「攻め」の表情ですが、実は「豆腐メンタル」というほど、すぐにつぶされそうになるんだとか。

幼い頃から英会話を習っていたおかげで100%英語がわからない状態ではなかったものの、人種のるつぼと言われる街では、言葉はかなりのストレスだったようです。

それでも、やはり當山さんには大好きな歌とダンスがあり、その2つが言葉の壁を越えさせてくれたようです。

本人はメンタルが弱いと言っていますが、芯の強さがあるからこそ、その実力が評価されるに至ったのだと思います。

 

當山みれい RADIO FISHとコラボ!!

そんな実力派當山みれいさんですが、噂は業界でも広まっているようで、そのダンスと歌はRADIO FISHの目にもとまったよう。

現在10週連続での新曲を配信中のRADIO FISHですが、第5弾の「GOLDEN TOWER」には、當山みれいさんが参加されています。

この曲の制作にあたっては、女性ボーカリストを探していたそうですが、、そこですぐに名前が挙がったのが當山みれいさん。

それもメンバー全員一致できまったと言うから、やはり誰もが認めるアーティストということなんでしょう。

7月29日放送の「ミュージックステーション」では、“RADIO FISH feat.當山みれい”でGOLDEN TOWERが披露されると話題を呼んでいます。

これでさらに人気が爆発するかもしれませんね。

 

将来が怖いくらい楽しみな18歳

あるインタビューで、目標を聞かれた當山みれいさんは

「マイケル・ジャクソンのように歌って踊れて自作曲でメッセージを届けられるアーティスト」

と答えています。

アメリカで1年、誰に頼ることなく生活をして日本に戻り、あまり「NO」を言わない日本人に違和感を感じたそうです。よく聞く話ですよね。

「何事にも「NO」と言ってひねくれているのは違うけど、「NO」と言って、しっかり自分の意見を言うことが大事なんじゃないかなぁと私は思うんですよ。「NO」でも「YES」でも、自分はどう思ってそう言ったのかが大事で。ちゃんと自分の思ったことを周りに伝えないとダメだなぁって思うんですよね。」

こんなふうに語る當山みれいさんは、以前とは違いルックスもナチュラルな感じで、自分という存在を認めながらも内から湧き出る思いを懸命に伝えようとしています。

しかし、これが18歳の現役高校生というから、驚きますね。

なかなか自分の思いをきちんとした手段で表現できないティーンの世代。當山みれいさんがそんな世代のよきリーダーになるといいなとひそかに思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ