法村珠里の年齢が気になる!実家は由緒正しいバレエ一家

Pocket

「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP」で、名門一家への密着企画があるようですが、その中でバレリーナ・法村珠里さんのご家庭が取り上げられます。

法村珠里さんはバレエ界ではかなり有名だそうですが、あまりテレビに出ていないようで一般的には知名度が高い方ではありませんね。

そこで今回は、法村珠里さんご実家や年齢などをリサーチします!

 

法村珠里 wiki風プロフィール

法村珠里(ほうむらじゅり) バレリーナ

生年月日 不明

大阪府出身

身長 170㎝前後 体重 40kg前後

3歳の頃からバレエを始め、英才教育を受けて育つ

18歳の時にモスクワに留学し、モスクワ舞踊学校で2年間バレエを学ぶ

帰国後は法村友井バレエ団に入団

母親と兄に支えてもらいながら、父親の厳しい指導の下、強くなることができた

2005年に「シンデレラ」、2008年に「眠れる森の美女」で主役デビューし、プリマドンナ(プリマ・バレリーナ)として第一線で活躍中

 

法村珠里 実家は法村友井バレエ団の創設者一族

法村珠里さんのご実家は、法村友井バレエ団を創設した一族。

初代団長で珠里さんの祖父にあたる法村康之さんと、その後に団長を務めた祖母の友井唯起子さんのそれぞれの名前からとって命名されたもの。

1937年に旗揚げし、今年で79年目を迎える法村友井バレエ団は、大阪を中心に50を超えるバレエスクールを経営されています。

友井唯起子さんは紫綬勲章も受賞しているいうバレエ界の重鎮。「伝説のバレリーナ」という異名も持っているそうです。

法村珠里さんは、そんな祖母・友井唯起子さんのバレエを彷彿とさせる素晴らしい演技をすることで有名だそうですよ。

父親は法村友井バレエ団団長の法村牧緒さん。

昭和20年8月1日生まれの71歳です。

日本を代表するダンスール・ノーブルとして、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「ロミオとジュリエット」など多くの舞台で主役として活躍されていました。

ちなみにダンスール・ノーブルとは主役級男性ダンサーのことです。

母親はバレエ団で振り付けの補佐を担当されている宮本東代子さん。

プリマ・バレリーナとして「シンデレラ」「ダフニスとクロエ」「バヤデルカ」など多くの舞台で主役を務められました。

兄の法村圭緒さんは、法村友井バレエ団の主役をほとんど演じるダンスール・ノーブル。

すでにご結婚されていて、お嫁さんもプロのバレリーナ。一男一女のお子さんがいるようですよ。

法村珠里さんとお兄さんはとても仲が良いようで、SNSでも「大好きなお兄ちゃん」と公言されています。

法村さんのご自宅は大阪の一等地にある8階建てのビルにあるそうなので、「深イイ話」の密着ではご自宅も拝見できるかもしれませんね。

 

法村珠里 年齢は?

バレエ一家に生まれ育ったサラブレッド・法村珠里さん。

バレエ一家の血筋もさることながら、端正な容姿と美しい身体のラインを兼ね備えたバレリーナです。

そんな法村珠里さんですが、年齢が伏せられています。

母親の宮本東代子さんも年齢を明かしていないんですが、バレリーナって年齢を公開してはいけないんですかね?

法村珠里さんは18歳でモスクワに2年間留学し、帰国後、法村友井バレエ団に入団しています。

入団の時点で20歳。

2005年の「シンデレラ」で主役デビューしていますが、入団から何年経っているかがわかりません。

仮に入団直後でデビューしたとなれば、現在31歳。

すぐにデビューではなかったとしても、31歳以上であることは間違いなさそうですね。

あまりに若々しく美しい方なので、このままいけば確実に美魔女と呼ばれそうです。

「深イイ話」では年齢についても聞けるのでしょうか?

放送を楽しみにしたいと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ