土屋太鳳は高校部活でダンス部!大学でも舞踏を極める体育会系

Pocket

2014年のNHK朝ドラ「花子とアン」で健気なヒロインの妹役を好演し、2015年には同じく朝ドラ「まれ」のヒロインを演じて更に注目を集めた若手女優・土屋太鳳さん。

最近ではドラマに映画にCMにと、活躍をされています。

テレビの画面からだと、清楚で可憐なイメージがあったんですが、意外にも日本女子体育大学に通う体育会系。

そこで今回は、土屋太鳳さんの大学の専攻や高校時代の部活、ダンスについてリサーチします!

 

土屋太鳳 プロフィール

土屋太鳳(つちやたお) 女優、ファッションモデル、タレント

1995年2月3日生まれ O型

東京都出身

ソニー・ミュージックアーティスツ所属

2005年、スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスで審査員特別賞を受賞

2008年に「トウキョウソナタ」で映画デビュー

2014年、「花子とアン」出演期間中に、2020人の応募の中から「まれ」のヒロインに抜擢される

 

土屋太鳳 大学では舞踊学を専攻

現在21歳の土屋太鳳さん。

現役の女子大生で、通われている大学は日本女子体育大学運動科学科舞踊学専攻という、意外にも体育会系の女性なんです。

小さい頃からアクティブ系だったそうで、陸上やバスケットボールに加え、日本舞踊やクラシックバレエもされていたようで、かなりの守備範囲の広さですね。

土屋太鳳さんの専攻は「舞踊学」ですが、このコースはとにかく厳しいことで有名らしく、それまでにきちんとダンスに取り組んできた人でないとついていけない授業内容なんだとか。

周りの学生からは“女優をやりながら、すごいな~”との声も上がるほど熱心だそうです。

学業と女優の両立は大変でしょうが、土屋さんは

「大学の勉強は女優の仕事で十分活かされている」

と語っていて、舞踊学では舞踊表現の他にマネジメントや音響なども学べることから、将来的には振り付けや演出などの製作の仕事も理解できるようにしたいそうです。

やはり何事にも前向きだから、吸収力も違うんでしょうね。まだ21歳という年齢を考えても、これから先、どんな仕事をされるのか楽しみですね。

 

土屋太鳳 高校時代の部活 ダンスの実力は?

土屋太鳳さんは、3歳から日本舞踊を習っているそうです。

高校は日本女子大学附属二階堂高等学校に通われていたそうで、部活は創作ダンス部

この高校を志望した理由は

「今自分がやりたい事や、好きなことが出来る学校を基準」

にしたそうですが、部活動は本格的なもので、強化合宿や大会出場などもあり、土屋太鳳さんは仕事の合間を縫って全国大会にも出場されたそうです。

そんな土屋太鳳さんのダンスの実力はというと、世界的歌姫・オーストラリアのシンガーソングライターSia(シーア)の日本版MVにダンサーとして出演されたほど。

振り付けを担当した世界的ダンサーの辻本知彦さんは

「シーアの音楽の世界に入った彼女の踊りを見て鳥肌が立つ。

恐ろしいほどの変貌と表現力。

本能的でありながら、しっかりと心の奥は冷静で、時折恐怖を感じさせる。

振付を終えての感想は『ただただ、すばらしい…』のひと言でした。

音楽と踊りに魂をいただきました」

と絶賛されています。

「まれ」のオープニングでも、その華麗な動きを見て、何かが乗り移っているような気がしたものです。

きっとその技術も感性も、日々進化中なんでしょうね。

見る人に訴えかけるダンスという、他の女優さんにはない武器を持つ土屋太鳳さん。ダンスも演技も磨いて、唯一無二の地位を築いてほしいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ