月見バーガー販売期間は10月上旬まで!エグチとの違いが気になる

Pocket

暑かった夏もひと段落、9月に入り、やっと秋到来といったところでしょうか。

9月と言えば「お月見」。

今年2016年の月見(中秋の名月)は9月15日です。

しかし「月見」と言って思い出すのは、マクドナルドの「月見バーガー」ではないでしょうか?

そこで今回は、マクドナルドの「月見バーガー」の販売期間やお手頃マック「エグチ」との違いなどをリサーチします!

 

月見バーガー 歴史と販売期間

もはや秋の定番メニューとなっているマクドナルドの「月見バーガー」。

「月見バーガー」が初めて販売されたのは1991年9月です。

定番の月見バーガーは、目玉焼き・ベーコン・パティ・オーロラソース。

この定番の月見バーガーに加えて、毎年ひと工夫した月見バーガーが登場するのが恒例となっています。

しかも今年は月見バーガー25周年。

長く愛されている商品だということがわかりますね。

毎年秋になると登場する月見バーガーは、例年9月~10月上旬までの約1ヶ月~1ヶ月半で販売されます。

今年2016年はというと、8月31日(水)~10月上旬となっています。

しかし、月見バーガーは期間限定の人気商品ということもあり、各店舗、在庫が無くなり次第終了となってしまいますので、「今年はまだ食べてない!」「必ず食べたい!」という方はお早めにお店に行って下さいね。

 

月見バーガー 種類と値段 気になるカロリーは?

2016年の月見バーガーは、定番の月見バーガーに加えて「満月チーズ月見」「チーズ月見」の3種類が販売されています。

新登場の「満月チーズ月見」は、定番の月見バーガーやチーズ月見とは違い、ゴマのついていないバンズを使用。

バターの風味と生クリームの香り豊かなスチームバンズだそうです。

また、満月に見立てたぷるぷるたまごにジューシーな100%ビーフパティ、とろけるコクのあるチェダーチーズ、クリーミーなトマト風味のオーロラソースまでは「チーズ月見」と同じですが、グリルしたスモークベーコンを使う「チーズ月見」とは違い、「満月チーズ月見」はグリルしたベリーハムを使用。

見た目も味も、定番よりリッチとなっています。

お値段は

【月見バーガー】
単品 340円
バリューセット(M) 640円

【チーズ月見】
単品 370円
バリューセット(M) 670円

【満月チーズ月見】
単品 390円
バリューセット(M) 690円

となっています。

1991年に初登場したときの値段は調べられませんでしたが、2003年では190円で販売されていました。

そこから消費税の増税などもあり、現在では340円

結構値上がりしていますね…。

また、女性だと少し気になるカロリーですが

【月見バーガー】 単品 445kcal

【チーズ月見】  単品 495kcal

【満月チーズ月見】単品 496kcal

だそうです。

少しカロリーは高めですが、これも旬のもの。少しだけ他のものを我慢して食べる価値はありますよね。

 

月見バーガー お手頃マック「エグチ」とどう違うの?

2015年10月26日からお手頃マックと称して、3種類の200円バーガーが販売されています。

「エッグチーズバーガー」の「エグチ」
「バーベキューポークバーガー」の「バペポ」
「ハムレタスバーガー」の「ハムタス」

この3種類です。

そのうちの「エグチ」が月見バーガーに似ていますが、「月見バーガー」と「エグチ」の違いはというと、まずはソースが違います。

「エグチ」はマスタード+ケチャップ。
チーズバーガーにたまごが入った感じです。

「月見バーガー」はマヨネーズ+ケチャップのオーロラソース。
さらにベーコンが入っています。

やはり期間限定の月見バーガーとは味に違いを持たせているのは当然のことですが、これまでぷるぷるたまごをレギュラーメニューに入れる動きがなかったので嬉しいメニューであることは間違いありませんね。

特にぷるぷるたまごが好きな方は、この機会に「月見バーガー」と「エグチ」を食べ比べるなんていう贅沢をしてみてはいかがでしょうか。

また、現在マクドナルドでは“#月見食べたら秋がきた”ツイッターキャンペーンを行っており、

月見商品いずれかの写真を「#月見食べたら秋がきた」でツイートすると、秋をテーマにした画像やアニメが届くという仕組みだそうです。

メッセージは全40種類、何度でも投稿できるそうなので、月見を食べるついでにツイートしてみるのも楽しそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ