朝倉美沙の不起訴事件の真相!乳がんと闘う姿が美しすぎる

Pocket

9月30日の「爆報!THEフライデー」に朝倉美沙さんが登場します。

この番組で朝倉さんは、自分が末期がんであることを師匠と慕う、島田洋七さんに告白すると言います。

そこで今回は、朝倉美沙さんと島田洋七さんが番組での再会を前に、朝倉美沙さんとはどんな人物なのか、過去に不起訴となった事件や乳がんから転移してしまった末期がんの現在の状況などをリサーチします!

 

朝倉美沙 プロフィール

朝倉美沙(あさくらみさ 本名:新納美沙子 にいろみさこ) 歌手

1976年8月12日生まれ

埼玉県熊谷市で生まれた朝倉さんですが、父親が航空自衛隊勤務だったことから、出生後すぐに沖縄に移り住みます。

5歳から14歳までを宮崎県串間市にて、15歳からを福岡県大野城市で過ごします。

高校卒業後は病院で介護の仕事につきながら、看護学校に通い、国家試験にも合格。

福岡の病院に8年半勤務しつつ、「歌手」になる夢も捨てきれなかったところに「佐賀のがばいばあちゃん」という1冊の本に出会います。

看護師を休職し、偶然旅先の広島で出会った島田洋七さんにより、「佐賀のがばいばあちゃん」の主題歌『ばあちゃん』の女性バージョンを唱う歌手として選んでもらいました。

このことがきっかけで、島田さんは朝倉さんのことを愛弟子と可愛がっていらっしゃるようです。

 

朝倉美沙 不起訴となった過去の事件とは?

子供の頃からの夢「歌手」としてデビューした朝倉美沙さん。

念願が叶い、今後の活動が期待されると思った矢先の2012年、朝倉美沙さんが逮捕されるというニュースが流れました。

罪状は、ファンから現金や車をだまし取ったという“詐欺罪”。

朝倉美沙さんの当時の事務所だった「東陽企画株式会社」の社長・各務淳という男と共謀して、

「応援してくれる人限定で乗用車を電気自動車に改造するキャンペーンをしている」

とファンの男性に話を持ち掛け、現金と車をだまし取ったというもの。

しかし、これには裏がありました。

朝倉美沙さんも騙されていたのです。

この各務淳という男は元々前科のある男だったそうで、地デジ化のCMソングや2時間ドラマの主題歌の話を朝倉美沙さんに持ち掛け近づいたそうです。

朝倉美沙さんは各務淳に言われるがまま、疑うこともなく、このキャンペーンをしていました。

しかし、その途中、自分がやっていることが詐欺行為だということに気づき、被害者の方たちに広く声を掛け、警察に一緒に出頭しました。

警察は被害者の話を聞き、朝倉美沙さんをその場で逮捕しましたが、数日後、朝倉美沙さんが騙されていたという証拠が数多く提出されたことで「悪意なし」とし、不起訴となりました。

また、朝倉美沙さんはプライベートでも各務淳に騙されていたようで、各務淳と入籍していましたが、各務淳は置手紙を残して立ち去った後、勝手に籍を抜き、朝倉美沙さんの友達にまで触手を伸ばしていたようです。

不起訴となったものの、朝倉美沙さんは辛い思いをされました。

 

朝倉美沙 乳がんからの肺転移…末期がん

現在40歳の朝倉美沙さん。

2015年春に乳がんが見つかり、がん宣告を受けました。

手術・抗がん剤・放射線治療等を開始し、治療を続けながら歌手活動も行っているとのこと。

しかし、乳がんは両方の肺に転移してしまい、末期の状態だと朝倉美沙さんのブログでも公開しています。

朝倉さんのブログを見ると、本当に前向きな生き方をされていることがわかります。

奇跡は誰の上にも起こる可能性があるもの。

もしかしたら、歌手へのきっかけをくれた島田さんが命を永らえさせてくれるということもあるのではないでしょうか。

島田さんの講演を今年聞く機会がありましたが、本当に生きるパワーにあふれた方でした。ぜひそのパワーを愛弟子の朝倉さんにも分け与えてください!

朝倉美沙さんには諦めずにがんを克服して、これからも歌手として歌い続けてくれることを心から願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ