反田恭平の高校は女子校?コンサートでまずはその腕を確かめてみよう

Pocket

“クラシック界を震撼させる才能”という呼び声も高いピアニスト・反田恭平さんが、10月2日放送の「情熱大陸」に登場します。

長い黒髪と黒縁メガネがトレードマークの反田恭平さんは若干22歳。

単なるピアニストではなく「音楽家」を目指しているという反田恭平さんは、“自分の音”を探し求め、日々進化し続けているといいます。

そこで今回は、反田恭平さんの出身高校や大学、コンサート予定などをリサーチします!

 

反田恭平 プロフィール

反田恭平(そりたきょうへい) ピアニスト

1994年9月1日生まれ

北海道札幌市生まれ、東京都出身

父はサラリーマン、母は主婦の家庭に育つ

 

反田恭平 出身高校や大学は?

現在22歳で、ロシア在住の反田恭平さん。

幼い頃からピアノ漬けの毎日を送ってきたのかとおもいきや、4歳からピアノに触れていたものの、本格的にレッスンを始めたのは12歳。

しかも、ピアノに熱中するまでは、普通のサッカー少年でした。。

サッカー選手になりたくて、地元のクラブチームにも所属していましたが、小学5年生の時に試合中に手首を骨折してしまい、骨折時のトラウマからサッカー選手の夢を諦めたのだとか。

改めてピアニストを目指そうと、高校は音楽学校に進学したいと父親に話すと

「音楽高校に行きたかったら、中学3年生までにコンクールで、一位を取ってきなさい」

という言葉が返ってきたそうです。

お父様はピアニストになることに反対していたんですね。

そんなお父様を納得させるため、中学2年の9月から半年の期間で出場できるピアノコンクールを探し出し、片っ端から出場。

見事一位を取ってお父様に認めてもらったそうです。

多くのピアニスト志望者が家族の支援を受けてプロを目指していくのと対照的に、反田恭平さんは全て自分で成し遂げたことにより、スタートラインから精神的に自立し、演奏にも子供っぽさが全くないと言われています。

そして反田恭平さん念願の音楽高校は、桐朋(とうほう)女子高等学校音楽科

“女子”と付いていますが共学です。

一瞬、女子校の特別枠か何か!?かと思いましたが、桐朋女子高校の中でも音楽科だけは共学で、これは桐朋学園のこれまでをさかのぼると音楽に大変力を入れてきた歴史があるからのようです。

この高校は、全国コンクールに入選するほどのレベルの生徒たちが多くいる音楽の名門校で、反田恭平さんは学校側から奨学金を受け取って進学したとのこと。

これは、学校側からお金を払うから来てほしいと言わせるほどの実力の持ち主だということです。

高校卒業後は、そのまま桐朋学園大学音楽学部に進みますが、1年後、世界的なピアニストM.ヴォスクレセンスキー氏から推薦を受けて、ロシアにあるモスクワ音楽院に首席で留学します。

M.ヴォスクレセンスキー氏は、これまでにロシア功労芸術賞を受賞したり、「ロシア人民芸術家」という称号も授与されている、ピアノ界の大物です。

そんなスゴイ人に反田恭平さんは才能を見出されたということですね。

 

反田恭平 コンサートの予定

10月2日放送の「情熱大陸」への出演でも注目が集まっている反田恭平さん。

天才ピアニストと言われている反田恭平さんの生の演奏、聴いてみたいですね。

そこで今後のコンサート予定を調べてみました。

10/28(金)19:30
東急プラザ銀座×Bunkamura SPECIAL PROGRAM[秋] 反田恭平ピアノコンサートwith上野耕平

10/30(日)15:00
桐朋学園オーケストラ名古屋公演

11/3(木・祝)14:00
都響 プロムナードコンサート小泉和弘 都響デビュー40周年記念

11/6(日)15:00
反田恭平 ピアノ・リサイタル

2017/1/15(日)15:00
クラシック・ヨコハマ 生きる~2017 New Year 若い命を支えるコンサート~

2017/1/21(土)17:00
反田恭平(p)

簡単に紹介しましたが、コンサートチケットはすべて一般発売されていて、ファンクラブに入っていなくても購入できるそうなので、チケットぴあ等で探してみて下さい。

少し先になりますが、2017年の夏には、東京、札幌、名古屋、兵庫、福岡、他でリサイクルツアーを行われる予定です。

10月2日放送の「情熱大陸」では、本場ロシアでの留学の様子が見られるよう。

どんな反田恭平さんが見られるのか、そしてまだ若い反田さんがどんな大物ピアニストに成長するのか、これからが楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ