杉咲花は両親から才能をもらっていた!? 本名が気になる!

Pocket

杉咲花さんと言えば、味の素・Cook do回鍋肉のCMで“美味しそうにたくさん食べる女の子”と話題になり注目を集めました。

最近ではNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演され、ますます演技力に磨きがかかった若手実力派女優です。

そこで今回は、杉咲花さんのご両親や本名などをリサーチします!

 

杉咲花 プロフィール

杉咲花(すぎさきはな) 女優

1997年10月2日生まれ B型

東京都出身

子役時代はスターダストプロモーションに所属

中学時代に改めて女優をめざし、憧れの志田未来が所属する研音のオーディションに応募

2011年4月、研音に所属

これに伴い、子役時代の芸名・梶浦花(かじうらはな)から杉咲花に変更

2011年8月27日、「ドン★キホーテ」で杉咲花に改名後のドラマ初出演

 

杉咲花 両親は有名ミュージシャン!

杉咲花さんのご両親は共に芸能人で、杉咲花さんはいわゆる二世タレントにあたります。

しかしあまり表立って話題に上がらないのは、ご両親が少々複雑であるためかもしれません。

父親の木暮武彦(こぐれたけひこ)さんは、愛称shake(シャケ)と呼ばれるギタリストです。

バンドグループ・レベッカの初代リーダーで、RED WORRIORSのメンバーとして活躍されていました。

木暮武彦さんは2回の離婚歴があり、1回目の結婚相手はレベッカのNOKKOさん。

2回目の結婚相手がチエ・カジウラさんで、この方が杉咲花さんの母親です。

1996年に結婚して4年後の2000年に離婚されています。

チエ・カジウラさんは歌手。1995年に「だけどベイビー!!」がヒットした後、一時的に活動を休止。

2004年に復帰して以降、ライブハウスを中心に活動されています。

また、TVアニメ「マクロス7」でミレーヌの歌を歌っていた人として有名で、マクロス関係のお仕事もされているようです。

ちなみに木暮武彦さんは3回目の結婚をされており、奥様は15歳年下の一般女性の裕子さん。

裕子さんとの間に息子さんがいるそうで、杉咲花さんの異母兄弟となります。

 

杉咲花 本名は?

若手実力派女優として注目を集めている杉咲花さんですが、以前子役として芸能活動をされていました。

当時の芸名は梶浦花。

子役時代は本名である母親の姓で活動していたんです。ご本人は、公表はされていませんが、これが本名だと言われています。

中学生になり改めて女優になりたいと現在の事務所に所属し、芸名を“杉咲花”に変更したそうです。

杉咲花さんは自身の性格について“明るく、なんでも自分でやりたがる、けっこう頑固な性格”だと語っています。

ご両親の離婚や一人っ子だということもあり、自立したしっかり者のようです。

そんな杉咲花さんは10月29日より全国公開される映画「湯を沸かすほどの熱い愛」に主人公の娘役で出演されます。

家族の愛の物語に、涙と生きる力がほとばしる映画です。

これからはきっといろんな場面で杉咲花さんを見かけることになるでしょうね。

ちなみに私は、杉咲花さんの声が好きです。声優なんて道もアリじゃないかなと思っています。

朝の連ドラで活躍した脇役の女優さんが、次は主役に抜擢なんてこともありますから、期待して待ちたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ