大谷亮平が韓国ドラマに出演したきっかけ!ダンスは下手と言うより不慣れ!?

Pocket

ドラマ「逃げ恥」が話題になっていますが、ドラマのテーマでもある結婚にアンチな考えを持つ役で大谷亮平さんが出演されていますね。

最近になって日本での知名度が上がってきた大谷さんですが、なんと10年以上も韓国ドラマ界で活躍してきた方なんです。

そこで今回は、大谷さんが韓国に渡ることになったきっかけと、「逃げ恥」で大注目のダンスが下手という噂などをリサーチします!

 

大谷亮平 プロフィール

大谷亮平(おおたにりょうへい 本名:大谷慶彦 おおたによしひこ)

1980年10月1日生まれ O型

大阪府出身

アミューズ所属

 

 

大谷亮平 韓国ドラマで大人気!

韓国で10年以上も俳優業をされてきた大谷亮平さん。

日本で大学を卒業したあと、モデルとして活動をされていた、身長182㎝のイケメンです。

大谷亮平さんはこれまで活動拠点が韓国でしたので、韓国の事務所に所属していましたが、日本で本格的な活動を始めるということで、大手事務所の「アミューズ」と契約をされました。

そもそも大谷さんが韓国に進出するきっかけとなったのは、2003年に出演した韓国の「ダンキンドーナツ」のCM。

このCMが韓国で大反響を呼び、韓国の事務所からオファーを受け、モデル・俳優として活動することになったそうです。

最初こそ、日本と韓国を行ったり来たりしながらの生活だったようですが、徐々に韓国での仕事が増えてきたそう。

そして、2004年、韓国語も話せないまま韓国に移り住み、韓国の語学学校で猛勉強したそうです。

仕事も現代自動車やSKテレコムなどのCMで脚光を浴び、2006年には「ソウルメイト」で俳優デビュー。このドラマは、若い男女のラブコメディーで、大谷さんの役名はそのまんま「リョウヘイ」でした。

 

その活躍は韓国で認められることとなり、ドラマ「朝鮮ガンマン」で、韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞を受賞しています。

そして2016年4月より、日本へと活動範囲を広げた大谷亮平さん。

月9ドラマ「ラヴソング」やネット動画「私の守護神ウラーザくん」に出演されました。

 

ダンスが下手という噂

“逆輸入俳優”や“第2のディーン・フジオカ”と注目を集めている大谷亮平さんですが、調べていると「下手」というキーワードが上がっています。

何が下手なのかと思ったら、どうやら韓国語が下手だと話題になっているようです。

日本人である大谷亮平さんが韓国語を覚えて、ドラマや映画に出演しているのですから十分スゴイことだと思うのですが、目の肥えた韓流ファンには気になってしまうんですかね?

韓国のインタビユー記事では「韓国語が上手ですが…」という一文もありましたが、どうなんでしょう。

所詮ネイティブではないわけですし、子供の頃から韓国にいるならまだしも成人してからの語学取得。問題ないですよね。

さらには演技が下手なんてのもありましたが、これは韓国語が下手だから演技も下手に見えるということのようです。

ドラマや映画で活躍されているんですから、演技が下手ってことはないと思いますし、「逃げ恥」でもとても自然な演技ではないですか?

最後にはダンスが下手というのも。

現在出演中の「逃げ恥」のエンディングダンスのことのようで、大谷さんは一部でしか踊っていないのですが、

「僕も初ダンスだったので、これどうしようと思っていたんですけど。

本当に家で100回くらい練習したんです。

考えてもわからないので、身体で覚えようと思って、本当に練習しました」

とコメントしています。

初ダンスということなので、大目に見てあげてもいいのでは?と思いますね。

バレーボールで大学に特待入学するほどの運動神経の持ち主のようですが、リズム感というとまた別物なんでしょう。

まだまだ日本に戻って来てからは、出演作品も少ない大谷さんですが、これからいろんな役に挑戦してほしいですね。

個人的には、悪役も似合いそうな気もしますが…。

これからの大谷さんの活躍に注目したいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ