宮本エリアナ 母親と父親の離婚がエリアナを強くした!日本代表として世界で輝いて!

Pocket

2015年ミス・ユニバースの日本代表となった宮本エリアナさん。

日本代表初のハーフとして話題になっていますね。

そんな宮本エリアナさんのプロフィールや母親の失踪、日本代表となったエリアナさんへの父からの想いなどを調べてみました。

 

宮本エリアナ プロフィール

宮本エリアナ(本名 宮本・エリアナ・磨美子)
1994年5月12日生まれ B型
長崎県佐世保市出身

 

母親が失踪していた?

2015年3月に行われたミス・ユニバースの日本代表に選ばれた宮本エリアナさん。

65年というミス・ユニバース・ジャパンの歴史の中でも、ハーフのミス・ユニバース・ジャパンの誕生は初めてのことです。

日本人のお母さんとアフリカ系アメリカ人のお父さんは、エリアナさんが幼い頃離婚していまい、母子家庭で育ったそうです。

以前放送された「おじゃマップ」では、香取慎吾さん一行が佐世保のエリアナさんの元を訪れ、エリアナさんが育児放棄されて育ったことについて語られていました。

お母様の話では、エリアナさんが幼いころ、ハーフであること、さらに母子家庭ということで偏見を受けていたとか。

そんな状況の中、お母様は、娘に少しでも良い生活をさせたいという一心で働き続けたそうです。

しかし、理想と現実の間で心が折れてしまい、ついには失踪。

そんな状況が理解できなかったエリアナさんは、母親が

「ハーフっていうのがイヤで、(自分を)置いてっちゃったのかなって」

と当時を振り返っていましたが、母親代わりに育ててくれた叔母様の話では、毎日泣いていたと言います。

当時中学1年だった宮本エリアナさんには、受け入れがたいことですよね。

しかし、こんな辛い出来事をバネにして、英語を学ぶためにアメリカに留学。

しかし、今度はそんなエリアナさんの海外で生活をお母様の方が心配し、アメリカのエリアナさんの元を訪ねて、ようやく再会をはたしたそう。

しかし、突然現れた母親をすぐには受け入れられず、再会当時はわだかまりもあったと言います。

失踪したことを肯定する気はありませんが、今ほどハーフが認知されていなかったでしょうからお母様も大変だったと思います。

それでもエリアナさんのもとに戻ってきてくれて、本当に良かったですね。

 

父親からの想い

エリアナさんは幼い頃、その容姿からイジメにあっていたそうです。

しかしそれを克服できたのは、母親からの

「うらやましいから言っているのよ」

「あなたの個性だから」

という励ましがあったからだといいます。

エリアナさんがミス・ユニバース・ジャパンのコンテストに応募したきっかけは、親友の死だそうです。

エリアナさんと同じく、ハーフということを理由に差別に苦しんでいたという親友は、原因は不明ですが、自ら命を絶ってしまったとか。

ミス・ユニバース日本代表となったエリアナさんは

「この立場をいただいたので、世界各国を回って、人種に対する問題で活動できたらなって、第一に考えています」

と語っていました。

しかし、日本代表にハーフが選出されるのは今回が初めてということで

「日本代表に見えない」
「外国の人」

など、人種差別としか思えない批判の声が聞かれました。

現在アメリカで暮らすエリアナさんの父・ブライアントさんが、ビートたけしさんの番組に出演された際にこのように話していました。

「娘が幼い頃からイジメにあって、つらい思いをしていたことも知っている。

今回の優勝で日本では人種差別的な声があがったことには、失望を感じる。

でも娘を知ってほしい。

攻撃しないでほしい。

娘は日本代表として、きっと頑張るはずだから」

お父様の言葉通り、輝いているエリアナさんを見れば納得できると思います。

 

世界で輝け!!

筆者は長崎市在住です。

お隣の佐世保に行けば、エリアナさんのお父様も勤務していたという米軍基地があり、とにかく外国人の方に合う確率が高く、そんな街なのにハーフへの偏見があるということに驚きます。

でも、母親にも半ば見捨てられ、自暴自棄になってもいいはずの状況の中で、アメリカへの留学という一歩を踏み出したエリアナさん。

きっと、自分がミス・ユニバースに選ばれたら、いくらかのバッシングを受けることは予測できていたと思います。

それでも、受賞後のエリアナさんの輝きは日に日に増していますね。

おそらく宮本エリアナという人間に、とても自信があるからではないか、そう思うんです。

日本で活躍するハーフの若い力が話題を呼んでいる昨今。

ルックスが日本人離れしているとは言え、日本人としてのアイデンティティを公言しているエリアナさんには、堂々と日本を代表する女性として世界で活躍して頂きたいと思います。

これからのさらなる活躍に期待しています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ