松本翔は夫婦マラソンでギネス世界一!頭脳派ランナーの活躍が楽しみ

Pocket

2005年、箱根駅伝を走った東大ランナー・松本翔さんが話題です。

東京大学としては、1984年の第60回大会にチーム出場していますが、後にも先にも、東大しての出場はそこだけ。

なので、学連選抜のメンバーに選ばれるだけで、それはすごい実力なわけですが、実は、松本さん、その他にもすごい記録を持っているんです。

東京マラソンに夫婦で出場し、ギネス世界一を記録したすごい人でもあるんです。

そこで今回は、松本翔さんについてリサーチします!

 

松本翔 プロフィール

松本翔(まつもとしょう) 市民ランナー、Team M×K代表

1985年8月1日年生まれ

宮崎県門川町出身

日税ビジネスサービス所属、勤務

 

松本翔はどんな人?

松本翔さんは子供の頃から足が速く、中学まではサッカー部員でありながらマラソン大会で優勝することもあったそうです。

高校は駅伝の名門校である宮崎県の小林高校にトップ入学して陸上部に所属。

全国インターハイや全国高校駅伝にも出場しています。

高校3年生の冬に全国高校駅伝を走った2ケ月後、東京大学法学部に現役合格。

しかし駅伝に出場するような大学ではない為、専属のコーチもおらず、自分でメニューを考え練習を続けるしかありません。

そんな中、松本翔さんは学連選抜として東大生ながら箱根駅伝に出場しました。結果は8区を走り、区間10位。

東大卒業後は東京電力に入社されますが、入社3年目で慢性疲労、戦力外となり退部されました。

その後、市民ランナーとして走り、自己ベストを更新し続けています。

 

松本翔 夫婦マラソンで世界一!!

私生活では、2016年4月にご結婚された松本翔さん。

実は、嫁の美里さんも数々のレースを渡り歩くランナーなんです。

2017年2月26日に行われた東京マラソンにも夫婦そろって出場。

実は、このマラソンで2人は大きな記録にチャレンジしたのです。

それも

「夫婦の同一マラソンでのギネス記録更新」

それまでの記録は、夫婦で5時間27分。

気になる結果はと言うと、

翔さん・・・2時間17分34秒
美里さん・・3時間03分15秒
合計・・・・5時間20分49秒

ということで、見事ギネスで世界一が認定されたわけです。

すばらしい!!!

翔さんは、この結果を

個人的には、状態が良くないなか、なんとか最後まで気持ちを切らさず走りきった形。

妻の自己ベストタイの走りは、さすがとしかいえません(^_^;)

と報告されていますが、夫婦で世界一の記録を作るなんてなかなかできませんよね。

自分との闘いになるんでしょうが、裏を返せば、チームワークでもあるような気がします。

きっと、夫婦の絆も深まったこと間違いなしですね。

 

松本翔 マラソン本がスゴイ!!

松本翔さんの著書「東大式マラソン最速メソッド」が分かりやすいと話題のようです。

東大を卒業し、現在は一般企業で普通に働くビジネスマンランナーが、市民ランナーの目線でランニングのノウハウを解説している本。

ランニングや練習メニューの組み立てについて、分かりやすく説明されています。

また、具体的な経験談を挙げながら「自分の頭で考える」ことの大切さを説いていて、タイムが伸び悩む読者にとって「自分にあった練習メニューとは何か」を考え直すきっかけになるそうです。

さらには数字が具体的だったり、科学的に分析されていたりするので分かりやすく、想像しやすいので、頭に入ってきやすいのだとか。

具体性があることによって、より取り組みやすくなりますね。

やはり、東大に行くレベルの頭脳というのは、「走る」ことについても、より効率的に効果的に結果を叩き出せる方法を簡単にはじき出せるのではないでしょうか。

今の時代、闇雲に時間をかけて練習するより、頭を使った理論的なスポーツへの取り組み方が求められているような気がします。

きっと、これから松本さんのような方が指導者となられる日が来ると思いますよ。

そんな人達に指導されて、どんな人材が飛び出すか楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ