帝一の國で野村周平の髪型は原作通り!態度が悪いと言われる理由

Pocket

人気コミック「帝一の國」が実写化され、映画公開されますね。

そのストーリーも十分楽しめる内容ですが、女子としては、この映画のキャスト陣がイケメンパラダイス過ぎるところが、どうにも気になります。

そんな豪華すぎる若手俳優たちの中から、今回は野村周平さんにスポットを当て、リサーチしたいと思います!

何と言っても気になるのはその髪型! そして、態度が悪いと言われることもあるようですが、その理由を知ると、また違う野村周平さんの魅力が見えてきました。

 

「帝一の國」とは?

「帝一の國」は、古屋兎丸(ふるや うさまる)さんのマンガ作品で、ジャンプSQ.19に連載されていました。

ストーリーの舞台は昭和。

総理大臣になることを夢見る主人公・赤場帝一が超エリート高校「海帝高校」を舞台に、超個性派ぞろいのライバルたちを相手に奮闘するというお話です。

2010年の連載から美麗な作画と異色の物語が支持され、2014年には舞台化もされています。

ライバルたちについては、そのルックスから目を引く設定ですが、竹内涼真さん以外は見た目からして個性的。一癖も二癖もあるキャストたちの演技だけでも、一見の価値がありそうですね。

 

野村周平 髪型に定評!今回は!?

野村周平さんと言えば、ここ数年でドラマや映画に引っ張りだこの人気若手俳優さん。

デビュー前はスノボ選手として数々の大会で優勝経験がある、運動神経抜群のイケメンです。

そんな野村周平さんはドラマや映画などで見せる髪型がカッコ良くてイケてると定評がありますね。

最近では資生堂「uno(ウーノ)」のTVCMで竹野内豊さんや窪田正孝さんと共演し、自在に髪型を整える竹野内豊さんに熱い視線を送っています。

映画「帝一の國」は、菅田将暉さん・野村周平さん・志尊淳さん・竹内涼真さん・千葉雄大さん・間宮祥太朗さんが出演し、豪華すぎるイケメン若手俳優陣に注目が集まっている話題作。

野村周平さん演じる東郷菊馬は、帝一の子供の頃からのライバルで、スパイばりの情報網を持ち、人を欺き、足を引っ張ることを常に企んでいる謀略の男です。

公開されているポスターでは、原作通りの東郷菊馬を表現されていて、髪型もそのまんまのマッシュルームヘアにメガネ。

キャラクターごとに異なるキャッチコピーが添えられていますが、東郷菊馬には

「俺は、寝首をかいて、勝つ。」

とあります。

姑息なキャラクターだと良くわかるキャッチコピーですね。

男性のファンも多く、いつもならその髪型もマネしたいと思われる存在の野村さんですが、さすがに今回はマネしたい人はいないかもしれませんね…。

 

野村周平 態度が失礼!?

髪型には定評があるものの、性格についてはあまり良い噂を聞かない野村周平さん。

過去には共演者から「嫌い」「ウザい」と言われてしまったことがあります。

野村周平さん自身、場の雰囲気を盛り上げたいという、悪気のない行動が裏目に出てしまうようですね。

最近では3月17日に放送された「ダウンタウンなう」に出演された際に、酒の席で演技論を語る俳優が嫌いだと明かして大先輩を名指ししてしまい、坂上忍さんから

「俺たぶん、この出会いだから大丈夫。

役者で出会ってたらシメてます」

と怖い顔をされていました。

場を盛り上げたいという気持ちでひたすら喋り倒してしまい、それが自己中心的に見えることもあるかもしれません。

それが失礼な態度だと思われることがあっても、不思議ではありませんよね。

野村周平さんはまだ23歳と若い割に、演技の経験も積み、実力もある俳優さんですが、芸能界のみならず、社会に出て働いているのであれば立場をわきまえた立ち居振る舞いが要求されます。

共演者やスタッフの皆さんからは、場を和ませてくれる存在だと重宝がられるようですが、そんなキャラクターも長い時間を共にして初めてわかる良さなのかもしれません。

あまり器用に場で態度を変えるのも、若い人がやり過ぎると逆にマイナスな印象を受けますし、ちょうどいいあんばいの態度を周りを見ながら学んで行ってくれるといいなと思います。

でも、野村周平さん自身は「素」の自分をいつも出していきたいと考えらっしゃるよう。

だからそんな野村さんを見て、「嫌い」だと思う人がいても、それはまったく気にしないんだとか。

最近の若い人には、自己肯定感を持てない人が多い中、「自分」というものをきちんと持って主張し、嫌われることも怖くないという強さを持ってるって、私は素敵だと思います。

万人受けはしない、と自分で発言されていますが、自分にある程度の自信を持って行きていけば、「嫌い」だと思われたにしても、気にすることはありません。

まだまだ若い野村周平さんが、これから演技にも自分自身にもどんなふうに磨きをかけていくのか楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ