木村拓哉が徹子の部屋(2017)に出演し歌披露!感想を書いてみた!

Pocket

木村拓哉さんが徹子の部屋に3回目の出演をされました。前回は2010年の出演でしたので、7年ぶりの出演でした。

SMAP解散後、ドラマや映画で新たなるスタートを切った木村拓哉さん。

そんな木村拓哉さんの胸中を、黒柳徹子さんが深く掘り下げてくれました!!

生歌も披露され、また素敵な一面を見せてくれた木村さん。

今回は、感想をまじえて、徹子の部屋での木村拓哉さんに迫ってみます。

 

木村拓哉 徹子の部屋2017に出演し語る

黒柳徹子さんの弾丸的な質問が飛ぶ「徹子の部屋」に木村拓哉さんが出演されました。

SMAPの解散が騒がれ、その後初となる徹子の部屋の出演ということで、黒柳徹子さんは興味津々のご様子でした。

しかし質問はザックリとしたもの。

黒柳「その後どうなった?」

木村「自分は全力でやるしかないので、ブレずにやっていきたい」

黒柳「一人になってどう?」

木村「大きめの船で、自分が力を抜いていたりとか手を放していたりとかしても、大きな船でガーっと進んでいたけど。誰かが漕いでいたので。完全に単体の舟になったので、自分で漕ぐのを止めたら進まなくなる」

黒柳「(話を引き継いで)一人でやっていくしかない」

黒柳「寂しくはない?」

木村「現場に行けば共同で一緒に取り組んでくれるので」

と黒柳徹子さんのザックリした質問攻めに、苦笑しつつも木村拓哉さんはキチンと答えていました。

 

木村拓哉  歌を披露

さらに、徹子さんはどこから仕入れてきたのか木村拓哉さんにまつわる噂をご本人に直接聞いて検証。

噂その①

「マツコ・デラックスと同級生?」

どうやら本当のよう。

15歳でジャニーズ事務所に入った木村拓哉さんは東京に転校してしまいましたが、どうやら転校前に通っていた学校にマツコ・デラックスさんがいたそうです。

但し、写真などでお互いに確認はしていないそう。

噂その②

「新しい年になると下着を替える?」

答えはNO。

特に年が新しくなったから替えるということはしていないそうです。

噂その③

「カラオケの十八番は鳥羽一郎さんの“兄弟船”?」

兄弟船は十七番くらいだそうです。

十八番は布施明さんの“シクラメンの香り”

生歌を披露してくださいました。素敵でしたね!

いつも思うのですが、徹子さんの情報源はどこからきているんですかね?

結構マニアックなものもありますが、興味を持つと聞かずにはいられない黒柳徹子さん。

笑ながらもズバリと聞いてしまうので、視聴者(特にファン)はお得な感じがします。

聞かれた方はもう笑うしかないって感じですけどね。

 

感想を書いてみた

4月29日より全国公開された、映画「無限の住人」。

木村拓哉さんは不死身の侍・万次役を務められました。

万次は右目が塞がっている役柄で、現場に入ると5時半頃から撮影が終わるまでずっと右目を特殊メイクにより塞がれていたそうです。

その為遠近感がつかめず、始まって3日間くらいはお弁当のウインナーが取れなかったと話されていました。

映画「無限の住人」の撮影は相当大変だったようで、

「肉体的にも精神的にも手加減を全然してられないんですよ。

刀を持って思いっきり当て合ったりすると、自分の手が勢い余って鍔にぶつかるんですよ」

かなり激しい殺陣の連続だったようです。

また、万次は無限の命を持つ侍ということで、黒柳徹子さんから「無限の命があったら何に挑戦したい?」という質問に

「自分が何かに挑戦するというより、自分を何かに使いたい。

それこそ一番適しているのがドクターだと思いますけどね」

ちなみにドラマ「A LIFE~愛しき人~」の撮影中ジャニーさんに会った時に、「今、ドクター役をやっている」と報告すると「僕も診てよ」と言われたそうです。

ジャニーさんって天然なところもあるんですね。

このドラマ「A LIFE~愛しき人~」の台詞に“一途一心”という言葉が出てきます。

この言葉に木村拓哉さんは共感したそうで、これからの自分に携えようと思ったと話していました。

「今後、呼んでいただく現場があればそこに行って、気持ちを込めて全力でやりたい」と語っていた木村拓哉さん。

SMAPの解散は熱烈なファンではなかった私にとっても寂しいものでしたが、ご本人たちの胸中はさぞ複雑だったでしょうね。

きっと、そんな気持ちを回復させるための手段は「仕事」なのだと思います。

木村拓哉さんの言葉一つひとつに「いろんな仕事や役に自分がぶつかっていくことで、少しずつ「解散」という傷を癒やしていこうとしている」木村さんを感じたような気がします。

新境地を開拓することで、きっと木村さんは強さを増して、その魅力も増していくんでしょうね。

ドクターに侍、次はどんな役を演じられるのか。

楽しみに待ちたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ