園田マイコのwiki風プロフィール!乳がんは周りの人に支えられて克服

Pocket

北斗晶さんの乳がん告白以来、検診を受ける女性が増えているそうです。

メディアでいろんな情報を得ることで、検診の受診率があがるのはとてもいいことですね。

10月19日放送の「私の何がイケないの?」に、乳がんを経験した女性として、モデルの園田マイコさんが出演します。

シングルマザーとして中学生の息子さんを育てていた園田さんを襲った突然の病。しかし、それはある程度予想ができていたのだと言います。

息子さんに支えられ、元夫や周囲の多くの人に支えられ、病と闘った園田さん。

元夫の父親であるあの有名人も温かく見守ってくれたそうです。

それだけ人望のある園田さんがどんな人物なのか、wiki風プロフィールには前向きな園田さんの姿が見えてきました。

 

園田マイコのwiki風プロフィール

【生年月日】1969年4月10日 46歳
【出身地】東京都
【血液型】O型
【身長】175㎝
【足のサイズ】25㎝
【趣味】フラワーアレンジメント、ホットヨガ

高校を卒業後、モデルとしての活動を開始。
「クロエ」や「FENDI」などのショーにも出演。
一時はニューヨークでも活躍。
現在は、「HERS」などのファッション誌やCM、広告などで活躍中。

 

乳がん発覚

園田さんが乳がんに気付いたのは、2008年10月末、39歳のことでした。

左胸の乳首の下に見つけたしこりは、明らかに勘違いではないと思わせるもの。

園田さんは、普段から触診でのセルフチェックは欠かさなかったと言います。

なぜなら、母親が50代で乳がんを経験していたから。

今でこそ、医療の技術も進んでいますが、当時の治療は全摘でリンパごとえぐり取る感じ。抗がん剤も使い、その副作用を目の当たりにしていた園田さんは、20代でがん保険に入ったのだそうです。

そしてエコーでの検査の結果、95パーセント良性という診断を受けました。

しかし、その1週間後、病理検査の結果で「悪性」ということが判明。

頭が真っ白になり説明を受けつつも、放心状態ながら、所属事務所と元夫に連絡。

この時、園田さんは離婚し、シングルマザーとして中2の息子さんを育てていました。

北斗晶さんも2人の息子さんにどう話し出すかをとても悩まれたようですが、園田さんは2人きりの家族。

どう話そうかと帰宅したところ、息子さんの方から

「さっきパパから電話があって聞いたよ。 パパと2人でママをサポートしていこうって決めたから大丈夫だよ」

と言われたそうです。

事情があっての離婚だったのでしょうが、いざという時に、支えてくれる存在でいてくれるというのは有り難い関係ですね。

息子さんも、離婚はしても、そんな温かい両親の間で育ち、中学生ながらいろんな責任感も目覚めたのではないでしょうか。

 

乳がん治療開始

セカンドオピニオン、サードオピニオンなどを求めたものの、やはり結果は変わらず、その結果、元の旦那さんの母親がいろんな知人に話を聞き、聖路加国際病院を紹介してくれました。

園田さんの元の旦那さんは、2014年に88歳で亡くなられた桂小金治さんの息子

小金治さんも妻の良子さんも、離婚はしても園田さんや息子さんとはよく食事をしたりと、とてもいい関係が続いていたそうです。

幸い、聖路加で出会った先生は、とても園田さんの信頼のおける人物でした。

そして詳しい検査の結果、しこりは2㎝。

浸潤がんでリンパ節転移はなく、ステージⅠの終わりという段階

全摘と言われていたものの、最終検査の結果、温存療法で大丈夫との診断でした。

手術での入院も4泊5日で、傷口も3㎝ほどだったものの、その後が本当の闘いだったと言います。

4回行われた抗がん剤での治療。

吐き気は意外となかったようですが、動悸や倦怠感、そして何よりも恐れていた脱毛。

でも、その後は放射線治療とハーセプチン、そして5年間、ホルモン剤治療のための薬を飲み続け、今では元気に仕事をこなされています。

 

前向きな姿が多くの人に勇気を与える

自分がガンということがわかった園田さんは、しばらく泣き暮らしたと言います。

でもその後は、不思議と吹っ切れ、また同じくガンという病と闘いながら、日々を明るく暮らす人たちとふれあうことで、段々と前向きになってきます。

そして、シングルマザーということもあり、自分一人の力ですべてどうにかしなければと思っていたのが、人に頼るということを少しずつ楽にできるようになってきたのです。

でも、そこには、きっとそれまでに培ってきた園田さんの人望があったからでしょう。

義父母との友好な関係もその証拠だと思います。

今は成人された息子さんも、この秋から留学されるとか。お母さんの心配もひと段落と言ったところでしょうか。

とてもいい青年に成長されているようです。

そして、私が何よりもいいなと思ったのは、「笑うことがとても大事」という園田さんの姿勢。

笑顔が健康にいいことは立証されいますし、笑顔の人には笑顔が寄ってきます。

これからもその笑顔でモデルとしてもちろん、がんと闘う人たちに勇気を与えて、活躍を続けてほしいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ