モデル・ベックは現役大学生!日本文化に憧れ韓国から留学中!!

Pocket

ファッション誌「Zipper」で活躍する人気モデルのベックさん。

以前テレビ出演された際、“不思議ちゃんキャラ”で反響を呼んだ、童顔のカワイイ方です。

10月27日放送の「踊る!さんま御殿!!」に「ちょっとした悩みがある話題の芸能人」というテーマでベックさんが出演されるそうなので、今回はベックさんのプロフィールや大学、彼氏について調べてみました。

 

ベック プロフィール

ベック(本名 ペク・ヒョワン Baek Hyo Weon)

1991年10月30日生まれ さそり座 B型

韓国・ソウル出身

身長 154㎝

ファッション誌「Zipper」の専属モデル

武蔵野美術大学在学中

 

ベックは現役美大生

ソウル出身の韓国人で、モデルとして活躍中のベックさん。

ベックさんが日本に来た理由は、茶道や着物、折り紙などの日本の文化についての本を読み、日本の文化をもっと知りたいと興味を持ち、留学してきたそうです。

現在は武蔵野美術大学で油絵を専攻していますが、留学を決意した時にはまだ日本語がそれほど堪能ではなかったのだとか。

日本に来てまずは青山国際教育学院日本語センターで日本語を学びながら、週末は新宿美術学院で美大受験のための勉強に励んでいたそうです。

武蔵野美術大学を選んだのは、韓国の美大よりも自由な気持ちで絵を描いたり考えたりできそうだったからとのこと。

それでも外国で一人で勉強を続けるのは相当大変だったんじゃないでしょうか?

武蔵野美大、通称「ムサビ」と言えば、多くの著名人も輩出している学校です。

芸能界で言えば、リリー・フランキーさんや榎木孝明さん、中尾彬さんやスピッツの草野マサムネさんなど、創立から80年を超え、多くの才能が発掘されました。

それも私学。

本人の努力が実り、おそらくご実家からの支援もあり、念願の武蔵野美術大学に合格したベックさん。

それほどまでに日本にこだわってくれたのかな?と思うと嬉しくなりますね。

専攻は油絵ですが、お菓子作りや刺繍が得意なようで、特にお菓子作りではお店に売っているような本格的なお菓子を作っています。

カラフルな色合いでカワイイものから、斬新なデザインのものまで、実に個性的です。

さすが美大生といった感じ。

モデルで美大生でお菓子も刺繍も作れてと多彩でスゴイですね。

 

 

ベックに彼氏はいるの?

ベックさんが活躍しているファッション誌「Zipper」はきゃりーぱみゅぱみゅさんや水原希子さん、ベッキーさん、剛力彩芽さんも表紙を務める人気雑誌。

みなさん個性的でカワイイ方ばかりですが、ベックさんも小柄で童顔が可愛く、実年齢よりも幼い印象でしたが、最近大人びた感じがして(年相応?)キレイになったと話題です。

これは恋でもしているのか!?と勘ぐりたくなっちゃいますね。

しかしベックさん、23年間彼氏がいないんだとか。

5月にテレビ初出演された「今夜くらべてみました!」で、これまで男性とお付き合いしたことがないと告白していました。

彼氏が欲しいという願望はあるようで、ベックさんの好きな男性のタイプは

・ジョニー・デップ
・レオナルド・ディカプリオ
・ジョセフ・ゴードン=レヴィット
・ハク(千と千尋の神隠し)
・ハウル(ハウルの動く城)

だそうです。

かなり面食いということがわかりますね…。

そこで、友達に紹介してもらった好みの男性とデートに行くことになったベックさん。

デート先は「ドライブインシアター(車に乗ったまま映画が楽しめる上映施設)」。

『車という狭い空間で意中の男性と2人きりになる。
これはもしかしたら初めてのキスをすることになるかもしれない』

と考えたベックさんはインターネットで「キスの仕方」を調べたそうです。

かわいらしいですね。

そしてデート当日、ベックさんの予想は的中し、車内で「あっ、これはキスするかも」という雰囲気に。

少しずつ2人の顔が近づく中、ベックさんが思ったことは

「左なの?右なの?」

放送では「左からくるわけないやろ!」とフットボールアワーの後藤さんに突っ込まれていました。

そして唇が触れるという瞬間

「何か飛んでるよ」

と言ってベックさんは顔を背けてしまったんだとか。

結局その日キスをすることはなかったようですが、微笑ましいですね。

このエピソードを興奮気味にジェスチャー付きで披露したことから、放送を見た視聴者もベックさんの独特な世界観に魅了されたという方も多かったようです。

 

ベックの未来は可能性大!!

ブログやツイッターを拝見すると、日本語もどんどん上手になられているベックさん。

日本での生活を楽しみながら、美術の道も開拓していることがうかがえます。

しかし、間もなく24歳という年齢を感じさせない愛くるしさ。表情はまだまだ少女ですよね。

いろんな引き出しがあって、これからもどんどん活躍の場を広げていきそうな予感です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ