ビビる大木 嫁との出会いから出産まで!意外といい父になりそうな予感

Pocket

今年8月に第1子の誕生を発表されたビビる大木さん。

嫁であるAKINAさんとの結婚報告では世間を賑わせていましたが、子供も出来て、公私ともに順調そうですよね。

10月27日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演されるようなので、子育てのことなどを話してくれるのでしょうか。

そこで今回はビビる大木さんと嫁・AKINAさんの交際、結婚、出産について追ってみたいと思います。

 

ビビる大木・AKINA夫妻 プロフィール

ビビる大木(本名 大木淳 おおきじゅん)
埼玉県春日部市出身
1974年9月29日生まれ O型

AKINA(本名 大木明那 おおきあきな 旧姓 宮里)
沖縄県出身
1985年6月19日生まれ AB型

 

ビビる大木・AKINA 交際と結婚の馴れ初め

ビビる大木さんのお嫁さん・AKINAさんは元Folder5のメンバー。大人気アニメ「ONE PIECE」のオープニング曲『Believe』でブレイクしました。

Folder5は、女優の満島ひかりさんも所属されていたグループです。

そんなビビる大木さんとAKINAさんが出会ったきっかけは、キャイ~ンの天野ひろゆきさん主催の天野会だったとか。

天野会は独身の芸能人仲間を集めて、天野さんが手料理を振舞う食事会(飲み会?)だそうです。

そこでAKINAさんの方が一目ぼれし、ビビる大木さんに猛アタック。

AKINAさんがビビる大木さんに惹かれた一番の理由は、“普通の人だから”という事でした。

デートではよくファミレスを利用。

また、マンションの総会へもきちんと参加するビビる大木さんを見て、庶民的で一般的な部分が新鮮だったようです。

そんな穏やかで幸せな日々を送り(ビビる大木さんの二股騒動なんてのもありましたが…)、1年半の交際を経て2013年にご結婚されたビビる大木さんとAKINAさん。

プロポーズは何とAKINAさんから。

時期は年明け、場所はニューヨークの街かど。

ビビる大木さんの好きな映画「ゴーストバスターズ」に出てくる図書館を発見し、立ち寄った図書館のベンチで

「私と、結婚していただけませんか?」

とプロポーズされたビビる大木さん。

突然の逆プロポーズを

「女性から来るのは味わったことがない感覚なので、『何だろうこれ、今言われたのかな』って不思議な感じでした」

と語っていました。

そして2013年の初め。ビビる大木さんが体調を崩した際、身の回りの世話を献身的にしてくれたAKINAさんの姿を見て

「将来をともにする伴侶は、この人しかいない!」

と確信、3月にビビる大木さんがプロポーズをしたそうです。

AKINAさんの一途な愛が実って良かったですね。

 

ビビる大木・AKINA 妊娠・出産報告

2013年の結婚から2年、今年の4月5日にAKINAさんのブログにて妊娠報告がありました。

「この度、赤ちゃんを授かりました。
先日、妊娠五ヶ月をむかえました」

「我が家に新しい家族が仲間入りする予定で、毎日ワクワクドキドキしています」

そして8月27日、待望の第1子である女の子が産まれました。

陣痛の際、ビビる大木さんが気をきかせたつもりでFolder5の曲を流すと

「そういうこと、止めてくれない」

と怒られたのだとか。

最悪にもビビる大木さんのお母さんが

「私、聴いたことがないから聴いてみたい」

と言い出しそのまま曲を流す羽目に…。なんとまぁ、タイミングの悪いこと。

さらに出産時、胎盤の位置が低かったそうで、帝王切開になったんだとか。

無事生まれたとは言え、AKINAさんにとって災難続きの出産だったようです。

名前は公表されていないようですが、妊娠中のAKINAさんのブログに「子供が出来たら里奈って名前を付けたい」とありましたので、里奈ちゃんなんでしょうか?

里奈の由来は、AKINAさんが「里奈姉」と慕っている知念里奈さんからのようです。

ちなみに男の子だったら、ビビる大木さんの好きな歴史上の人物・吉田松陰の「松陰」もしくは幼少期の通称「寅次郎」が候補に挙がっていたそうです。

 

目指せ!よき父!

出産から数時間でおむつ替えにもトライしたというビビる大木さん。初めての子どもの初めておむつ替えは、母親でも緊張するもの。

ビビるさんはどんな心境だったんでしょう。

いずれにせよ、「俺が守ってやる!!」感がアップしたことは間違いありませんね。

そんな育児にも積極的な様子のビビる大木さん。テレビでは、その育児方法に疑問も投げかけられるようですが、育児に真剣なのはとてもいいことです。

良いパパになりそうな予感大ですので、ぜひ幸せな家庭を築いていただきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ