上西小百合のスキャンダルの中身!秘書との恋愛関係はあったのか!?

Pocket

「浪速のエリカ様」との異名を持つ上西小百合議員ですが、世間では「お騒がせ議員」といった印象が強いのではないでしょうか。

そんな上西小百合議員が10月27日放送の「ロンドンハーツ」の「格付けしあう女たち」に緊急参戦するそうです。

上西小百合議員の疑惑旅行の真相が聞けるんでしょうか!?

今回は上西小百合議員のスキャンダルの内容や、噂の男性秘書との関係などを調べてみました。

 

上西小百合 プロフィール

上西小百合(うえにし  さゆり) 政治家、衆議院議員

1983年4月30日生まれ

大阪府羽曳野市出身

大阪教育大学附属天王寺小学校から高校、神戸女学院大学卒業

2012年の衆議院議員総選挙で大阪7区から日本維新の会公認で出馬

選挙区では敗れたが、比例近畿ブロックで復活当選

2015年4月4日、大阪維新の会、維新の党より除名され、現在は無所属の議員として活動中

 

上西小百合議員のスキャンダル

「浪速のエリカ様」こと上西小百合議員ですが、何かと世間を騒がせて注目をあつめていますね。

一時期は維新の党の看板娘として扱われていた上西小百合議員。

あるスキャンダルで一気にお騒がせ議員となってしまいました。

そのスキャンダルとは、「国会をすっぽかして温泉デート疑惑」。

週刊文春が4月9日号で報道し発覚したこの疑惑ですが、上西小百合議員は体調不良との理由で、3月13日の本会議を欠席。

明けた14~15日に、京都の高級温泉旅館に出かけたというものです。

上西小百合議員は周囲に

「14日は療養し、15日に旅行した」

と苦しい言い訳をしていますが、地元はもちろん同僚議員たちからも、この軽はずみな行動が批判されました。

ここで大人しく反省すればよかったのでしょうが、このスキャンダルが騒動にまで拡大してしまったのは、テレビ番組の直撃を受けた上西小百合議員の取材対応。

なんと、取材拒否だと逆ギレし、事務所を通すようにと発言したからです。

議員は自分の言葉で人を動かす職業。秘書だの事務所だの、あくまでもサポート的な立場であって、最終責任は議員本人にあるものです。

上西議員が柔和な雰囲気の美人なだけに、その発言とのギャップがさらに話題性を呼んだわけですが、それ以上にインパクト大だったのが、上西議員についていた男性秘書でした。

その男性秘書は、車に乗り込む上西議員に食い下がる記者に、巻き舌の関西弁で恫喝す。

このチンピラ口調に、ネット上では「ヤクザまがいの秘書」などの書き込みが相次ぎ、さらには旅行の相手はこの秘書だったのではないかとの疑惑も上がり、騒動が大きくなりました。

上西小百合議員はフェイスブックで

「一部週刊誌・メディアに報道されましたような『私が旅行に出かけた』というような事実はなく、療養に専念させていただいておりました」

と改めて潔白を主張しましたが、現在そのコメントは削除されています。

最初と言っていることが違うような…。

このスキャンダルにより、大阪維新の会ならびに維新の党から除名されてしまいました。

 

もう1つのスキャンダル

そしてもう一つ、疑惑が浮上。

今度は女性誌で過去の「結婚疑惑」が報じられました。

元恋人の証言として、上西小百合議員が25歳の時に医師と挙式したものの、

男性の経済的なことが原因で、わずか1ヶ月で破局したのだとか。

結婚理由については上西議員が「お金目当てに決まってるでしょ」と言っていたとも言われています。

入籍はしていなかったそうですが、これが事実ならまたもやお騒がせな上西小百合議員ですね。

 

上西小百合議員 男性秘書との関係は?

「国会をすっぽかして温泉デート疑惑」の相手と噂された男性秘書は家城大心(いえきだいしん)さんという方。

上西小百合議員に食い下がる記者を関西弁で恫喝し注目を集めました。

この家城大心秘書には2008年に逮捕歴があり、またもや注目を集めることに。

泥酔状態で高校生に因縁をつけて暴行、現行犯逮捕されています。

上西小百合議員は家城大心秘書との交際を否定していますが、国会を欠席した時に一緒に旅行していた相手が家城秘書だとか、家城秘書の実家に泊まりに行ったなどとも言われています。

議員会館でも2人の仲睦まじい様子が何度となく目撃されているとか。

火のないところに煙は立ちません。真相はご本人たちにしかわからないのでしょうが。

 

国会議員は天命と思って臨んでほしい

国会議員としてのイメージがあまりにも悪い上西議員。

小学校からお受験で国立の名門に入り、大学も神戸の超お嬢様校を卒業。

学力的、経済的には問題なかったのかもしれませんが、議員としての素地はまるでなかったのではないかと思えてなりません。

私たちの国が抱えている問題は山のようにあります。

遊び半分に議員をするぐらいなら、もっとまじめに日本の未来を語れる人が多くいるはずです。

本家本元のエリカ様は、暴言事件の後、無理かと思われた芸能界で復活されました。

上西議員にも、ぜひ真面目に議員活動に専念していただきたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ