清宮克幸の息子たちの子育て方法は使える!極意は「考えて語らせろ」

Pocket

今年はラクビーW杯で湧きあがった日本。南アフリカを破って以降、世間の注目度が一気に上がりましたね。

そんなラクビー日本代表HCの後任に名前が挙がっている清宮克幸さん。

清宮さんには世間から注目を集める息子さんたちがいます。世界にも通用するアスリート兄弟を育てたその子育て方法とは、どんなものなんでしょう。

今回は清宮克幸さんのプロフィールを追いながら、息子さんたちやその子育てについて迫ってみます。

 

清宮克幸 プロフィール

清宮克幸(きよみやかつゆき) 元ラクビー選手、元監督

1967年7月17日生まれ

大阪市福島区出身

 

清宮克幸のラグビーに賭ける人生

小学生時代は野球、中学生時代はサッカーと、ラグビーとは関係のないスポーツに打ち込んでいた清宮少年。

腕力があり、エネルギーも有り余っていたの清宮少年に、中学の担任の先生が

「ラクビーするなら茨田(大阪府立茨田高等学校)へ行け」

と強く勧めたんだそうです。

そして茨田高校に進み、ラグビーを始めた清宮少年は、何と1年次からレギュラーの座に。

ん? どこかで聞いたことのあるような…と思ったら、長男の幸太郎くんも道こそ違え、高校1年から名門早稲田実業のレギュラーに入り込んでいます。

遺伝もあったんですね~。

話は戻り、父の克幸さん、高校3年では主将となり、茨田高校を3度目の全国大会出場に導きます。そして高校日本代表の主将も務めるほどの選手へ。

大学は早稲田へ進学。ここでもまた主将を務め、全国優勝も果たします。

卒業後はサントリーに入社。社会人としての日本一の座も手に入れました。

そんな清宮選手も、2001年に現役を引退。

現役引退後も古巣・早稲田大学の監督に就任し、全国制覇を果たしています。

2006年からはサントリー、そして2011年からはヤマハ発動機ジュビロの監督に就任。

ヤマハと言えば、今をときめく五郎丸歩選手の所属チーム。

その五郎丸選手と清宮監督が、11月2日放送のスマップ×スマップに出演されるそうです。

今年、日本を沸かせたスポーツと言えば、高校野球とラグビーだと、筆者は思うのですが、その球児の父と張本人がテレビにそろい踏みとは何とも豪華ですね。

 

清宮克幸 息子にも注目

清宮克幸さんファミリーはアスリート一家のようです。

まずは奥様の幸世さん。中学時代は野球部のマネージャー。大学は慶応に通われていましたが、大学のゴルフ部主将だったそう。

息子さんが2人いて、名前は幸太郎くんと福太郎くん。

2人とも野球をしています。

兄の幸太郎くんは、今年の甲子園で大きな注目を集めました。

父親譲りの体格と運動能力を持ち、13歳の時にはすでに身長183㎝で体重93kgだったそうです。

甲子園では道半ばで敗れはしましたが、その存在感はまさに大物。

U-18日本代表にも選ばれ、1年生ながら4番を務めて準優勝に貢献するなど、今後の活躍が期待される注目選手ですね。

また弟の福太郎くんも、小学生でありながら身長164㎝体重67kgという体格で、これまた父親譲りの体格です。

現在、兄・幸太郎くんと同じ北砂リトルに所属していて、ポジションは兄と同じくファースト。

今年7月にはチームが日本一になったそうです。

父親とは違い、野球で才能を発揮している2人ですが、確実に清宮克幸さんのDNAを受け継いでいます。

今後が楽しみな息子が2人もいて、幸せですね。

 

清宮克幸 指導と子育て

清宮克幸さんは幸太郎くんが4歳になった頃から様々なことを経験させたそうです。

水泳、陸上、テニス、ピアノ、ラクビーなど。

幼稚園の頃、スイミングスクールに通っていた幸太郎くんですが、2ケ月に1度の昇給テストに合格できず、同じクラスに1年半いたことがあり、どうにも我慢ならなくなった父・克幸さんは代表の方に

「あなたたちは指導のプロですよね?

息子がなぜ1年半も同じクラスなのか把握してますか?」

と直談判したそうです。

「子供とは言え、指導のすべてを人に任せたくはない」。

そんな持論を持つ克幸さんは、その子に合った環境や指導の仕方を見極めるのも親の役目と、他のスイミングスクールに移らせたそうです。

すると幸太郎くんの泳ぎは見る見る上達したのだとか。

また、子育てもラクビーの指導法も「考えて語らせる」という方法をとっているそうで、なぜうまく打てたのか、なぜインコースが打てたか、など自分の言葉で子どもたちに説明させると言います。

「これはボクのクセ。

仕事(ラクビーの指導)と同じです。

抑え込まれた投手がいたとしたら、『次に同じ投手と当たったらどうする?』と。

どうするって考えることが大事。

正解か間違いかなんてどうでもいいんです」

これが、清宮流の過ち、失敗を繰り返さないための方法なんですね。

チームや息子たちの実力をそうやって引き出していったんでしょう。

 

清宮流を子育てに活かそう

清宮克幸さんの子育ては、子育て真っ最中の筆者にはとても勉強になります。

自分がどう考えてその行動をとったのか。自分の言葉で語ってみる。

これってとても重要なことですよね。自分がどんなことをしたのか客観的に見ることができますし、人に語ることで、頭の整理もできます。

話してみて初めて気づくことも多いはずです。

そんなことを積み重ねることで、常に考えて行動するようになるし、行動を振り返ることで反省もできる。

これを子どもにも選手たちにもさせることで、強いアスリートを育ててきたんでしょうね。

早速わが家でも実践に移してみたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ