佐藤オオキは清川あさみと離婚してもよき同志!物づくりの哲学が面白い!

Pocket

柔軟な発想で自由にデザインすることが信条のデザインオフィス「nendo」の代表をつとめる佐藤オオキさん。

同時に300ほどの企画を進めているというくらい、大小いろんな仕事が佐藤さんの元に集まってくると言います。

日本だけではなく、海外での人気も著しい佐藤オオキさんが、11月6日の「アナザースカイ」に登場します。

世界的に有名なデザイナー・カッペリーニとのエピソードや離婚された元嫁の清川あさみさんとの事など、興味深い佐藤オオキさん。

さて、どんな人物なんでしょう。

 

佐藤オオキ プロフィール

佐藤オオキ(さとうおおき) デザイナー、建築家

1977年12月24日 カナダ・トロント生まれ 37歳

2000年、早稲田大学理工学部建築学科を首席卒業

2002年、早稲田大学大学院を修了し、デザインオフィス「nendo(ネンド)」設立

 

原点は「ミラノ・サローネ」

イタリア・ミラノの有名な家具の見本市「ミラノ・サローネ」。

佐藤オオキさんは、大学院の卒業旅行でここを訪れ、衝撃を受けたそうです。

そこでは著名な建築家が椅子などを作り、見に来ている人たちも老若男女問わず作品を見ては意見をしたりと楽しんでいました。

佐藤オオキさんは「デザインって本当はもっと自由で楽しいものなんだ」と気づかされ、帰国後すぐに今のオフィスを立ち上げたのだとか。

1年後、佐藤オオキさんの家具が展示会で特別賞を受賞しますが、仕事は順調とは言えない状態。

さらに1年後、雪の結晶をデザインしたパーテーションを「ミラノ・サローネ」に出品したところ、世界的デザイナーのジュリオ・カッペリーニ氏にデザインを褒められました。

このチャンスをものにしたいと考えた佐藤オオキさんは、カッペリーニ氏に仕事をさせてくれと直談判。その結果

「1週間以内に新しいイスを提案してほしい」

と依頼を受け、徹夜で考え、翌日にはアイディアをカッペリーニ氏に伝えますが、

「もっといいアイディアはないのか?」

と冷たくあしらわれたのだとか。

そこから「これから毎月ミラノに行って、カッペリーニ氏にアイディアを見せ続ける」と決意し、毎月10以上のアイディアを持って行ったそうです。

それから半年ほどが経ち、ようやく1つのイスの試作が決まりました。

後に世界的な賞を受賞した、大ヒット作の「Ribbon」です。

佐藤オオキさんはカッペリーニ氏から

“考え続ける情熱、それがアイディアやセンスよりも大事である”

ことを学んだそうです。

現在でもカッペリーニ氏のメインデザイナーとしても活躍されている佐藤オオキさん。

身近なところでは、スターバックスのカップのデザインや消臭剤のパッケージデザインをされていて、見たことがある方は多いはずです。

これからも「ありそうでなかった」ものを作り、我々の目を楽しませていただきたいですね。

 

佐藤オオキ 離婚した元嫁は?

佐藤オオキさんは2006年にアートディレクターの清川あさみさんと結婚されました。

清川あさみさんは、写真に刺繍をするという独特な技法が人気を呼んでいるアーティストです。

お2人はおしゃれな新居を立てて話題にもなりましたし、結婚生活は順調そうでしたが、2012年9月、清川あさみさんがブログで佐藤オオキさんと別れていたことを明かしました。

公に離婚報告がされていないので、詳しいことはわかりませんが、佐藤オオキさんは常に世界を飛び回っている方ですから、すれ違いが原因かもしれませんね。

結婚生活は6年半で終わってしまい、離婚という形はとられていますが、現在も仲良くされているようですよ。

お2人とも同じクリエイターですから、今後共同で作品を作るなんてこともあるかもしれませんね。

これからの才能の爆発にも期待!

クリエイティブな才能にあふれた佐藤オオキさんですが、大学時代には2つの会社を経営していたという商才もある人物。

1つは、中国の外務省に日本のモノを輸出する会社、もう1つは人材派遣会社です。

どちらもベンチャー企業のブームに乗って儲かったそうですが、自分のやりたいことはこれじゃないと、ふと我に返り、結果、今のデザイナーの道に進んだと言います。

ただ、本気で仕事をすればお金は稼げるという自信はあるので、デザインとお金を結びつけるより、とにかく楽しくやるというスタンスなんだそうです。

現在300もの企画を同時進行でやれているのも楽しんでやっているから。

また、常に仕事のことを考えて頭をフル回転させておくことで、逆に自分の軸のようなものがぶれないんだと言います。

面白い発想ですね。

凡人なら、注意散漫になりがちな気がしますが、1つ1つのことに真剣に取り組むことで、逆に自分というもののアイデンティティが際立った来るということなんでしょう。

寝るかデザインするかしかないとうその頭脳で、これからどんなことを考え出していくのか、とても楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ