ヒロミの息子(長男)は成城大学で俳優!次男は高校野球で青春真っ盛り!

Pocket

10年という長い間芸能界から姿を消していたお笑いタレントのヒロミさん。

復帰後は各メディアでの活躍が多く見られ、見事に再ブレイクを果たされましたね。

また今年の夏にはヒロミさんの次男が、高校野球西東京大会で活躍し、報道されていました。

そこで今回は、ヒロミさんの息子さんの名前や通っている成城学園のことなどを調べてみました。

 

ヒロミ プロフィール

ヒロミ(本名 小園浩己 こぞのひろみ)お笑いタレント、実業家

1965年2月13日生まれ A型

東京都八王子市出身

溶岩浴と加圧トレーニングジムを経営

妻は歌手でタレントの松本伊代で、1993年に結婚

 

ヒロミ 息子の名前は?

ヒロミさんは1993年に松本伊代さんとご結婚され、夫婦仲がすごく良いと評判ですよね。

お子さんは2人いて、どちらも男の子。

長男は凌央(りょお)くん、次男が隼輝(としき)くんです。

凌央くんは現在大学2年生、隼輝くんは高校2年生だそうです。

息子さん2人はヒロミさんに似たのか、相当やんちゃだったようで、よく家の壁に落書きをしていたのだとか。

見かねたヒロミさんが

「ママ、ちゃんとしつけするように注意しなさい」

と言ったら、伊代さんは

「汚れるから描いちゃだめ!」

と壁にペンで書いたそうです。

伊代さんって本当に天然なんですね。

また、息子2人は口も悪かったようで、思春期には伊代さんを「くそばばあ」と罵ったことがあるのだとか。

「パパー、息子が私のことをくそばばあなんて言ったー」

と伊代さんがヒロミさんに告げ口をしたところ、ヒロミさんは

「てめえ。おれの女になんてこというんだ!」

と言ったというエピソードもありました。

息子さんたちはヒロミさんには頭が上がらないようで、ちゃんと伊代さんに謝ったそうです。

伊代さんの天然とヒロミさんを信頼していることが良く分かるエピソードですね。

 

ヒロミ 息子たちは成城?

ヒロミさんの次男・隼輝くんが、今年の夏、高校野球の西東京大会に出場。惜しくも3回戦敗退となってしまいました。

スタンドには応援する伊代さんの姿があり、タレントの野々村真さんも応援に駆け付け、誰よりも大声で応援していたそうです。

隼輝くんは成城学園高等学校の2年生です。

甲子園へはまだ1年チャンスがありますから、頑張ってほしいですね。

長男の凌央くんも同じ高校を卒業されていて、現在は成城学園大学芸術学部だそうです。

大学生ながら芸能事務所Ateamに所属されているようです。舞台などにも出演されているようですね。

芸能の血は、やはりご両親譲りなんでしょう。

お二人が通う成城学園は、芸能関係者の子供への配慮が大きく、幼稚園から大学までエスカレーター式に進学できるということから、芸能人御用達になっているんだとか。

藤井フミヤさんや木梨憲武さんのお子さんも通っていて、ヒロミさん夫妻とも家族ぐるみで仲が良いそうです。

憲武さんの奥様、安田成美さんと伊代さんが学校の集まりで一緒にいたなんていう情報もありますので、知り合いがいると親も子供も心強いですね。

 

ヒロミ 伊代に感謝

几帳面で行動派のヒロミさんと天然でのんびり屋の伊代さんは、どちらかというとヒロミさんが伊代さんの天然っぷりを暴露している方が多いですよね。

例えば、整理整頓が苦手の伊代さんですが、整理整頓に関してはヒロミさんが自ら行動を起こしているんだとか。

さらに、料理のレパートリーが多くなく、朝食のおかずは毎朝目玉焼き。

しかもヒロミさんの好きな“固め”で登場する割合は5割。

それでも「5割出来れば上々!」と受け止めているそうです。

どうしても食べたいものがあるときは外食で。

ヒロミさんの懐の深さが感じられますね。

そんなヒロミさんが一時期芸能界から姿を消してしまったとき、伊代さんはヒロミさんの行動に口出ししたりしなかったそうです。

「“テレビ出なさいよ”“何やってんの毎日”とか言われてもおかしくないじゃない。

見た目には毎日遊んでるんだからさ。

それをひと言も言ったことがないんだよ。

“パパ何して遊ぶの今日?”って。

そういう意味で(心が)広いのは彼女だと思う」

照れた言い方でしたが、伊代さんには本当に感謝しているようです。

ステキなご夫婦だぁ。

 

理想的な小園家の子育て

子育ての一番の基本は家庭にあります。親がどういう環境を子どもに与えるかで、子どもは変わってくると思うんです。

親が変われば子も変わる。

どうしようもないと言われる子でも、親が変わることでいくらでも復活できると言います。

わが家の子どもがお世話になっている塾の先生は、産業カウンセラー。

不登校の子どもたちの相談に乗ることも多く、何せ子どもは家から出たがりませんから、親とだけしか面接できないことも多いそう。

それでも、面談の回数を重ねるごとに、ほとんどの子どもに変化が現れてくるそうです。

まさに、親が変わることで子どもが変わってくるんですね。

ヒロミさんのご家庭は、両親が絶妙の夫婦関係。夫婦仲がよいことは、子どもにとって一番いい環境です。

お互いを尊重し、感謝しあう両親のもとで育つ、二人の息子さんの将来が楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ