岡井千聖は大家族の長女でネタ満載!19歳下の弟を溺愛する姿はもはや母親!?

Pocket

アイドルグループ℃-uteの一員であり、歌手や女優としても活躍中の岡井千聖さん。

最近ではおバカキャラや家族の暴露話などで、バラエティ番組でも活躍を見せていますね。

そんな岡井千聖さんが12月8日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演されます。

そこで今回は、岡井千聖さんの暴露話で出てくる家族のことや、19歳年下の弟のことなどをリサーチします!

 

岡井千聖 プロフィール

岡井千聖(おかいちさと) 歌手、アイドル、女優

1994年6月21日生まれ 21歳 A型

埼玉県出身

「千聖」という名前の由来は聖母マリアから

2002年、8歳で「ハロー!プロジェクト・キッズオーディション」に合格

2005年6月11日、℃-uteが結成される

 

岡井千聖 岡井家は大家族でスゴイ家族!!

岡井千聖さんの家族構成は父、母、弟2人、妹2人の7人家族

ペットも飼っていて、ミニチュアダックスの「パイン」と「リップスティック」の2匹とミドリガメの「カメボウ」。

賑やかそうな家族ですね。

岡井千聖さんはよく家族の話題を出しますが、そのエピソードがスゴイんです。

例えばイケメンだという岡井父は昔から浮気癖があるそうで、近所のスナックのママと密会していたとか。

岡井母が発見し、岡井父は怒鳴られ平手打ちされたとのことです。

さらには沖縄へ家族旅行に行った際、家族旅行の最中だというのに岡井父はキャバクラに行っていたそう。

「沖縄の女を見たい」と宿のおじさんを誘って行ったことが後々バレました。

スゴイ父親ですねぇ…。

また、母親もスゴイようです。

祖父がハーフで、自身はクオーターだという岡井母。

そんな岡井母が岡井父と結婚した理由が「遺伝子目的」らしいのです。

カワイイ子供が欲しくてイケメンの岡井父と付き合い、岡井千聖さんを妊娠、そのまま結婚したのだとか。

母親もスゴイですねぇ…。

そんなご両親が最近になって、岡井千聖さんの貯金を使い込んでいたことが発覚しました。

それも生活のためではなく、ゲームの課金に使われていたとか…。

岡井千聖さんは幼い頃からアイドルとして活動していますから、金銭管理は当然親の務めだと思うんです。

ある程度は家計の足しにされていたとしても、ゲームの課金はあり得ませんよね。

子どもが頑張って稼いでくるお金なんですから、貯金するのが当たり前だろ…と思ってしまいました。

岡井千聖さんももう成人。これからはキチンと自分で金銭管理しましょうね。

 

岡井千聖 弟は19歳年下!

岡井千聖さんは弟が2人、妹が2人の5人姉弟妹です。

2歳年下の妹・明日菜さんは、以前ハロプロエッグの一員としてアイドルをしていました。

現在は引退しているようですが、姉妹でアイドルとは驚きました。

次が現在17歳の弟さん。お顔こそはっきりとは見られませんが、イケメンの雰囲気満載です。

その下は8歳の妹さん。お名前は海夕音(みおん)ちゃん。

そして、一番下は、19歳年が離れた弟ができたと発言し、話題になった2歳の弟さん。

2013年5月に生まれた弟さんですが、岡井母の妊娠中は、弟妹に料理を作ったり世話をしたりしていたそうです。

こんな年の離れた5人姉弟妹ですから、部屋を共同で使うのは仕方ないと思うんですが、岡井千聖さんが自分の部屋と呼ぶ場所は「押入れ」。

押入れに布団とパソコンを引き込んで寝床としていたようですが、その押入れも、弟が妹と同じ部屋は嫌だと言い出したことで、追い出された妹により占領されたとか。

リビングのテレビの下に足を入れて寝ているという岡井千聖さん。

弟に部屋があるのに姉に部屋がないというのもどうかと思います…。

でも実家住まいを続けているということは、弟妹が気になってしょうがないのかもしれませんね。

ともあれ、ますます賑やかな家族になった岡井家。

これからもまた、とんでもない家族の暴露話を期待しちゃいます!

 

純粋なオバカは強い!

小学生の頃からハロプロ入りし、アイドル畑で育ってきた岡井さん。

まるで箱入り娘のように、限られた環境で純粋に育ってしまったオバカアイドルゆえ、狙ったオバカキャラではないところが、ファンを多く獲得している理由でもあるようです。

相変わらず岡井さんの発言は、天然なことが多いわけですが、20歳を超えた今、それが彼女の魅力にもなっています。いや、もはや才能かもしれませんね。

可愛らしさが年齢を重ねることで、女性らしさも出てきて、中身と見た目とのギャップがまた何とも言えません。

まだまだアイドルとして、バラエティ畑を荒らしまくりそうな予感がします。

2016年も岡井千聖の快進撃が続きそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ