アスペルガー症候群を公表している有名人 特徴を学んでよい環境を作ってあげたい

Pocket

アスペルガー症候群という言葉を聞いたことがありますか?

最近ではマスコミにも取り上げられるようになり、また有名人で自らがアスペルガー症候群であることを公表されてる方もいます。

しかし実際にどんな病気なのか、どのような特徴があるのかわからないと思います。

そこで今回は、アスペルガー症候群を正しく理解するために、その特徴や公表している有名人、アスペルガー症候群の方への対応方法などをご紹介したいと思います。

 

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群は遺伝的要因が強いと言われる疾患で、広汎性発達障害の1つだそうです。

本人にとっては病気と自覚できない場合が多く、周りの人が先に症状を発見し、病院を受診するケースが圧倒的に多いといいます。

また一般的に「知能障害のない自閉症」とも呼ばれていて、本人は無意識にしていることが、周りから誤解されて浮いてしまいがちな存在になることも多いようです。

アスペルガー症候群の特徴としては

・自分中心的な行動をとったり、発言や考え方が一人称的な部分が多く、他者とのコミュニケーションが取りにくい

・人に合わせる、人の気持ちを汲むといった行動が苦手

・強いこだわりを持つので、1つの物事に取り組むのが苦にならない

といったところでしょうか。

アスペルガー症候群の方は特定のテーマに没頭し、食事や人との関わりなどを断つことで業績や成果を上げている共通点があります。

アスペルガー症候群という疾患を逆手に取った成功例とも言えますね。

 

アスペルガー症候群を公表している有名人

現在、世界中で注目を集めている著名な人物の中にも、アスペルガー症候群を先天的に患っている方がいます。

アスペルガー症候群と公表されている有名人としては、奇跡の歌姫と言われたスーザン・ボイルさんや映画監督のスティーブン・スピルバーグさんがいます。

また公表はされていませんが、アインシュタイン(歴史的数学者)やビル・ゲイツ(マイクロソフトの創始者)、スティーブ・ジョブズ(アップル社共同設立者)、トーマス・エジソン(天才発明家)なども、アスペルガーだと言われています。

皆さんすばらしく秀でた才能の持ち主であることは間違いありませんが、それなりに大変な経験をされて、成功をおさめられたようです。

また、日本の芸能人としては、下記の方たちがアスペルガーなのではないかと噂されています。

しかし、公表はされていませんし、症状などと合わせてみても怪しいものもあるようです。あくまでも参考までに…。

・ジミー大西(画家)

・眞鍋かをり(タレント)

・山口達也(アイドル、俳優、タレント)

・草彅剛(アイドル、俳優、タレント)

・YOU(タレント)

・GACKT(シンガーソングライター、俳優)

・鳥居みゆき(マルチタレント)

・宮崎哲弥(評論家、コメンテーター)

・さかなクン(魚類学者、タレント、イラストレーター)

・さかもと未明(漫画家)

 

アスペルガー症候群の方への対応方法

アスペルガー症候群に効果的な薬というのは、残念ながら現段階では開発されていません。

しかし、精神安定剤がアスペルガー症候群に効果をもたらしているという結果は出ているようです。

ですが、精神安定剤を服用してご本人が努力されていても、周りが協力していかなくては、集団の中でうまく生きていけず、苦しい思いをさせてしまいます。

アスペルガー症候群を理解して、その能力を発揮できるように接するには「周囲のポジティブな考え」が重要なのだとか。

否定的にならずに、前向きに、その人の「個性」として受け止めることが大切です。

具体的には

・長所を褒める

・物事を予測しやすい環境を作る

・静かな環境を設ける

・指示をきちんと伝える

・こだわりを生かしてあげる

といったことで、全てを世話するのではなく、相手のことを認めながら、温かく見守ってあげるのが上手に接するコツのようですね。

 

暮らしやすい環境を!

筆者が初めて「アスペルガー症候群」という言葉を聞いたのは、地元であった事件がきっかけでした。幼い男の子の命を残忍な方法で奪ったのは、地元に住む中学生の男の子だったのです。

その後、犯人の中学生はアスペルガー症候群だと診断されました。

そしてほどなく、また小学生の女の子がクラスメイトの命を奪うという事件が起きました。この女の子もアスペルガーの診断を受けたと言います。

アスペルガーの症状や程度は人それぞれなのでしょうが、環境や周りの接し方でこんな残念な方向に進んでしまうこともあるというのは事実です。

適した対処を早いうちに行い、周囲がいい環境を作ることができれば、こんな悲しい事件は繰り返されないのかもしれません。

アスペルガー症候群で苦しい思いをしている方も多いはずです。

病気への理解が少しでも広がり、暮らしやすい世の中になればいいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ