ホラニ龍コリニアシは嫁と共に日本のために戦う戦士!子供も未来のラガーマン!?

Pocket

ラクビーワールドカップ以降、ラクビー選手が注目を集めていますね。

また、ラクビー日本代表はお嫁さんが美人ぞろいという評判もあります。

1月5日放送の「踊る!さんま御殿!!」の“話題の人SP”にホラニ龍コリニアシ選手が出演されますが、ホラニ龍コリニアシ選手のお嫁さんはどんな人なんでしょう?

今回は、ホラニ龍コリニアシ選手のお嫁さんやお子さん、「大和魂」というワードについてリサーチします!

 

ホラニ龍コリニアシ プロフィール

ホラニ龍コリニアシ(Holani Ryu Koriniasi) ラグビー選手

1981年10月25日生まれ

トンガの首都ヌクアロファ出身

身長187㎝、体重112kg

トンガ在住時はラクビーをやったことは一度もなかったというホラニ龍コリニアシ選手は、中学時代は吹奏楽部に所属し、トロンボーンを担当していたそうです。

その後、16歳でトンガから埼玉県深谷市にある埼玉工大深谷高校(現在は正智深谷高等学校)へと留学しています。

この高校は、埼玉でもラグビーが強い高校だそうで、ここでホラニ龍コリニアシ選手はラグビーを始めたようです。

高校卒業後は埼玉工業大学の情報工学科を経て、2006年に三洋電機ワイルドナイツへ入団されています。

 

「大和魂」とは?

ホラニ龍コリニアシ選手と言えば、左腕に入れているタトゥー「大和魂」が有名です。

もともとサモアやトンガの選手はタトゥーを入れている方が多いそうで、家系や宗教を表す伝統文化なんだそうです。

ホラニ選手にはいくつかのタトゥーがあり、右腕にはトンガの民族調の模様、左腕には長女が生まれたときに日本国籍を取得し、その時に入れたのが「大和魂」。

ちなみに右胸には、亡くなった母の名を刻んでいるそうで、日本名の「龍」の字は、母の名前の「LIU」の読みからつけたものだそうです。

「大和魂」と入れた理由は

「日本の戦う男としての気持ちが感じられたから」

日本人として戦い、生きる覚悟と決心の表れなんでしょうね。

 

ホラニ龍コリニアシ 嫁はどんな人?子供は?

ホラニ龍コリニアシ選手は2006年にご結婚されています。

お嫁さんは里衣子さんと言う方で、トンガと日本のハーフで元バレーボール選手。

画像を拝見しましたが、美人でカッコイイという印象を受けました。

里衣子さんの前でも存分に「大和魂」を発揮しているというホラニ選手。

16歳で故郷を離れ、今や日本の人。日本の文化や多くの人たちに影響されて今の自分や家族があることを、特別のことと感じていらしゃるようです。

里衣子さんによると、ホラニ選手はいつも「日本に恩返ししたい」とおっしゃっているとか。

里衣子さん自身も同じ気持ちでいらっしゃるようですね。

ホラニ龍コリニアシ選手と里衣子さんの間には、1女2男の3人のお子さんがいます。

長女は七海ちゃん、長男は龍海くん、次男は残念ながら名前を探し出すことができませんでした。

七海ちゃん、龍海くん共に、名前に「海」が付けられているので、もしかしたら次男くんも「海」が付く名前なんでしょうね。

そして2007年に七海ちゃんが誕生したのを機に日本国籍を取得したそうです。

ホラニ選手は礼儀作法など子供のしつけに厳しいそうで、自ら挨拶や言葉遣いを子供たちに教えているんだとか。

でも子煩悩な面もあり、家庭ではよきパパのようですね。

スポーツマンの両親を持ち、お子さんたちも将来はラガーマンというのもありかもしれませんね。

 

母の思いを胸に

ラグビーというスポーツが盛んなトンガにいた頃は、あえてラグビーをしてこなかったホラニ選手。

というのも、小学校の先生をしていた母親の方針がそうだったから。

ラグビーだけに熱中して他のことをおろそかにしてしまうことを母が嫌がったからと、母の言いつけを守り、勉強ではいつもトップクラスの少年だったそうです。

しかし、そんな母を振り切り、日本にラグビー留学したホラニ選手。

ラグビーも初めて、日本語も話せないホラニ選手にとって、日本での生活はとても苦しいものだったようですが、そんな彼の支えとなったのがトンガの母から届く手紙だったそうです。

結婚した翌年、プロ契約を結んでからは、そんな母親も日本にかけつけ、応援をしてくれたそうですが、プロ契約から2年後、母親はあっけなく癌で他界してしまいます。

しかし、その母の思いも胸に刻み、日本で培った日本人の心を大切にしながら、日本のラグビー界をリードしているホラニ選手。

日本ではいろんな人たちに支えられながらこれまでやってきたことに感謝に、「日本に恩返ししたい」と

これからも「大和魂」で活躍し続けてほしいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ