瑛茉ジャスミンは天テレで鍛えた力で芸能界を生き抜く!

Pocket

ハーフタレントの活躍が当たり前となってきた今、新たなハーフタレントとして注目を集めている瑛茉ジャスミンさん。

天てれ以来久々のテレビ出演を果たし、カワイイと話題になっています。

人気番組「ラストキス」では、太田宏介さんとのキスも話題の瑛茉ジャスミンさんについて、天てれ時代や現在の活躍などをリサーチします!

 

瑛茉ジャスミン プロフィール

瑛茉ジャスミン(えま ジャスミン) タレント、モデル

本名 近藤瑛茉 ジャスミン(Kondo Emma Jasmine)

1995年3月16日生まれ

オーストラリア出身

父はオーストラリア人、母は日本人のハーフで兄がいる

2003年から3年間 NHK教育「天才てれびくんMAX」にてれび戦士として出演

2011年に芸名を近藤エマから瑛茉ジャスミンに改名

特技は一輪車の空中乗りや後ろ漕ぎなど

 

瑛茉ジャスミン 天てれ時代からカワイイ!!

元々はNHK教育「天才てれびくんMAX」(以下「天てれ」)で“てれび戦士”として2003年~2005年度の3年間活躍されていた瑛茉ジャスミンさん。

この頃は“近藤エマ”という芸名で活躍されていたので、記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

天てれ時代から10年ほど経ちましたが、天てれ時代を覚えている視聴者からは

「昔も可愛いけど今も可愛いし奇麗!!」

「笑い方が変わってなくて嬉しい」

「どっかで見たことある顔してると思ったらてれび戦士の子!もう20歳なの!」

「美しくなりすぎてる」

など、その成長に驚きを隠せないコメントが溢れています。

「天才てれびくん」とは1993年4月からNHKで放送されている子供向けの教育番組で、“てれび戦士”と呼ばれる子役タレント達が色々なことにチャレンジしていく番組です。

現在ではデータ放送を活用した視聴者も参加できる番組になっています。

かなりの長寿番組ですね。

「天てれ」は毎週月~木曜、18時頃から放送されている生番組なんですが、瑛茉ジャスミンさんの話によると、超スパルタなんだとか。

子役タレント達は朝11時からスタジオに入り、子供たちだけでリハーサルをしていたそうで、決められたセリフだけを話し、番組内で違う話をすると「ごっち」という一番偉いスタッフに怒られるそう。

放送後に毎回行われる反省会で、「ごっち」に子役タレント達が今日の良かったこと、悪かったこと、これからどうしたいのか?を一人ずつ聞いてくるので、子役タレント達はいつもその反省会のことばかり気にしていたそうです。

楽しそうな子供向け番組でも、裏はやっぱり大人の世界ということなんでしょうね。

 

瑛茉ジャスミン 現在の活躍

子役時代は“てれび戦士”として活躍されていた瑛茉ジャスミンさんですが、現在は華やかな顔立ちのルックスとスラリとしたスタイルを生かし、「ViVi」をはじめとする雑誌やファッションショーで活躍されています。

2011年に「近藤エマ」から「瑛茉ジャスミン」に改名し、子役からモデルへ転身をしていますが、「瑛茉」という名前の由来は「英国王室で飾られる美しい花」だそうです。

“名は体を表す”ですね。

2011年に「瑛茉ジャスミン」に改名してすぐに、9月の「神戸コレクションワンライフモデルオーディション」でグランプリを獲得、限られた人しか活躍できないファッションモデルの世界で活躍されているのも頷けます。

昨年12月に約10年ぶりにテレビ出演をされた瑛茉ジャスミンさんですが、インタビューでは

「これからは、もっと上手にお話ができるように頑張りますので、応援してくれたら、嬉しいです!!」

と、やる気をアピール。

これからテレビで見かける機会が増えそうですね。

 

天てれで鍛えた力を発揮せよ!

1月12日放送の「ラストキス」にも出演されるということで、これを機会にいろんな表情の瑛茉ジャスミンさんが見られそうです。

天てれは、個性的なキッズたちがたくさん出演し、そんな中で3年間鍛えられた経験もある瑛茉ジャスミンさんですから、きっとバラエティ番組でも瑛茉さんならではのポジションが築けそうな気がします。

これからどんな活躍が見られるのか、楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ