坂田アキラの出身は慶応大学!不本意な大学進学から予備校講師への道

Pocket

「アウト×デラックス」にカリスマ予備校講師の坂田アキラさんが出演されます。

坂田アキラさんの「面白いほどわかる」シリーズは累計60万部を超えるベストセラー!

そこで今回は、坂田アキラさんの経歴や出身大学、高校、病気があるという噂などをリサーチします!

 

坂田アキラ プロフィール

坂田アキラ(さかたあきら)

1967年7月24日生まれ

東京都出身

 

坂田アキラさんの専門は物理ですが、数学・化学もでき、理数科目を得意とされています。

河合塾に講師として務めていた頃は人気があり過ぎて、坂田アキラさんの授業は即締め切りになっていたそうです。

授業を増設しても、すぐにまた締め切りになるほどだったと言いますから、まるでアイドル並みですね。

さらには参考書「面白いほどわかる」シリーズは累計60万部を超えるベストセラーとなり、初心者でも分かりやすく丁寧な内容で、受験生にはおススメの一冊です。

これほどまでに人気だった坂田アキラさんですが、2014年、河合塾を解雇となってしまいます。

詳しい理由は定かではないのですが、予備校側といざこざがあったという情報も…。

過去に坂田アキラさんの授業を受けた人の評判や執筆している参考書など、すこぶる高評価にもかかわらず、解雇とはよほどのことがあったんでしょうね。

現在は「アワーソングクリエイティブ」という音楽事務所に文化人として所属しています。

 

坂田アキラ 出身大学や高校は?

坂田アキラさんは、進学校として名高い東京の海城高校を卒業されています。

高校時代から、東大模試で全国1位、偏差値120をとるほど非常に優秀で、

大学は慶応義塾大学工学部計測工学科の卒業です。

大学受験では、防衛医大に入試の相性の悪さで落ち、東大理2は問題用紙を間違えて不合格。

慶応の医学部に合格したもののお金がないために進学を断念。

ここまで見ると医師希望だったのかと思いきや、

早稲田理工電子通信、早稲田政経政治、慶応理工1系に合格、京大理学部は不合格とたくさん受験されていたようで、幅広く先のことを考えられていたようですね。

合格した大学の中で慶応に行くことになった理由は、ご両親が勝手に手続きをしてしまったからだそうで、坂田アキラさん本人は早稲田と慶応は行きたくなかったんだとか。

京大受験の日と慶応の発表日が重なり、阻止できなかったそうです。

大学卒業後はデザイナーを目指していたそうですが、なかなか芽が出ず、生活のためにホストになられたことも。

しかしそのお店が潰れてしまい、予備校講師になられたということです。

 

坂田アキラ 病気がある!?

坂田アキラさんで検索をすると「病気」というキーワードが出てきます。

坂田アキラさんは病気を患っているのか、はたまた持病があるのか気になって調べたところ、何も出てきません。

いたってご健康なご様子。

どういうことかと言いますと、なぜかamazonで坂田アキラさんの著書が“病気”や“うつ病”のジャンルに分けられているんですね。

数学の本なのに、全く関係ない分類に入れられているため、キーワードとして上がってしまったようです。

確認したところ、現在はちゃんと数学に分類されていましたので、受験生の方は安心ですね。

 

受験生の救世主に!!

「アウト×デラックス」に出演されることから考えて、坂田アキラさんがちょっと風変わりな方で間違いないわけですが、やはり「人に教える」ということについての才能はあるというのは事実。

親として子供に勉強を教えていて思うのは、「自分が解ける」のと「人に教えることができる」のは別物だということです。

坂田さんにはぜひ「人に教える」ことをどんどん前に出して、多くの悩める受験生のために頑張ってほしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ