中野信子の夫は長身イケメンでかつらも了承済み!?元メンサ会員でIQ148には驚きです

Pocket

「恋愛と脳」の分析を得意とする脳科学者の中野信子さん。

数々のテレビ番組に引っ張りだこで、毎回脳科学の観点から恋愛について男心・女心を心理学に結びつけた興味深い解説で大活躍されています。

そこで今回は、中野信子さんの夫やかつらの理由、メンサなどをリサーチします!

 

中野信子 プロフィール

中野信子(なかののぶこ) 脳科学者、医学博士、作家

1975年生まれ

東京都出身

株式会社ビックベン所属

元MENSAの会員

1998年に東京大学工学部応用化学科卒業した中野さんは、その後同大学の大学院に進み、工学系研究科と医学系研究科医科学専攻でそれぞれ修士課程を修めた後、2008年には医学系研究科脳神経医学専攻で博士課程を修了しています。

2008年から2年間、フランス国立研究所ニューロスピンに勤務後、

東日本国際大学で客員教授、横浜市立大学で客員准教授を務めています。

 

中野信子 夫はイケメン!?

中野信子さんの夫・中野圭さんは、武蔵野美術大学で講師を務めているそうです。

友達の友達として出会った旦那さまにひとめぼれしたんだとか。

というのも、旦那さまは180㎝の長身でイケメンとのこと。

会話をするとまるで衛星中継のように数秒遅れて返事が返ってくるそうで、そのおっとりとした性格と見た目のギャップも魅力だったのかもしれません。

会った翌日にはデートをし、交際へと発展したそうですが、わずかひと月で同棲まで持ち込んだと言いますから、きっと中野信子さんがかなり積極的だったのではないでしょうか。

そして、1年半後にはゴールイン。

さすが「恋愛と脳」の分析が得意な脳科学者といったところでしょうか。

「出かける前のキスは欠かさない」
「家では夫好みのロングヘアーのカツラを着用」

など、夫婦生活はラブラブだそうです。

しかし、夫・中野圭さんは、仕事場である大学の女子生徒からモテすぎている、夫婦で飲みに出かけても逆ナンパされる、と中野信子さんには不満もあるようです。

中野信子さんにとっては不満なんでしょうが、イケメンな夫だという自慢にも聞こえますね(笑)。

 

中野信子 カツラでオン・オフの切り替え!?

テレビへの出演が増え、美人でもあることから話題になり、黒々と艶めいた髪型が「カツラでは?」「何か病気なのでは?」と噂されていた中野信子さん。

以前出演した「情熱大陸」では、カツラをつけていることを告白されました。

その気になる理由ですが、病気などではなく、“金髪を隠すためのカツラ”だったことで視聴者を唖然とさせていました。

中野信子さんはへヴィメタファンだそうで、中学生の頃から聖飢魔Ⅱの熱狂的な信者。

地毛は金髪、カラオケにギターを持ち込み、へヴィメタを熱唱することもあるようです。

ただ、脳科学者として活動するときには「脳科学者としてのイメージ」のために黒髪のカツラをかぶっているそうです。

ヘヴィメタ好きで金髪にまでする思い切りのよさもすごいですが、きっと旦那さまも納得なんでしょうね。

さすがアート系の旦那さま(笑)。

 

中野信子 メンサの元会員

中野信子さんのプロフィールに

「元MENSAの会員」

とあります。

MENSA(メンサ)って聞いたことがなかったので調べてみると、

「人口上位2%の知能指数(IQ)を有する者の交流を目的とした非営利団体で、高IQ団体としては最も長い歴史を持つ。

会員数は全世界で約12万人。

支部は世界40カ国。

イギリス・リンカンシャーにあるケイソープに本部(メンサ・インターナショナル)を持つ」

とのこと。

お笑い芸人のロダン・宇治原さんや、脳科学者の茂木健一郎さんも会員だそうです。

メンサには3つの目的があって、

知性才能を、認知、育成し、人類の向上に役立てること

知性の原理、性質、そしてその適用などを研究することを激励すること

メンバーのための知的、かつ社会的活動を促進させること

中野信子さんはIQ148以上の高知能であり、メンサの会員でしたが現在は退会されています。

その理由というのが、講演会などで「天才」と呼ばれることが恥ずかしくてしょうがなかったそう。

また、会員になっても、会員同士が交流することはほとんどなく、年会費を払うほどのメリットが感じられなかったそうです。

メンサに入会するためには、受験料10000円、入会の際に8000円程度かかり、受験資格は15歳以上で、1年以上間隔をあければ生涯のうち3回までチャレンジできます。

1度合格すれば年会費3000円を払うだけでメンサの会員資格は永続されるそうです。

しかし、中野信子さんにとってはムダでしかなかったんですね。

凡人にとっては、こんな名誉な称号、3000円なら払ってもいい気がしますが…。

その判断こそ、中野さんらしい気もしますね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ